交通事故戦略サポートTopcategory name "戦略テクニック"

戦略テクニック

交通事故においての戦略テクニックをみなさんがわかりやすいようにまとめました。 そこで、戦略法務行政書士事務所ではより一般の方がわかりやすように、テクニックをまとめる事を心がけています。

戦略テクニック
「よりわかりやすく」、「より早急に解決する」を念頭におき業務を遂行しておりますので、まずはこのテクニックがみなさんのお役に立てれば光栄です。

ここに載せているはまだまだ序の口です。随時更新していきます。

交通事故解決

戦略テクニックcategory

戦略テクニック記事一覧
  1. 交通事故とは?

    交通事故(こうつうじこ)とは、道路または道路外で自動車やバイク、自転車などの軽車両、路面電車やトロリーバスなどの交通に関係している人の死傷または物の損壊をしてしまった場合をいいます。交通事故の定義を定めている道路交通法及 […]

  2. 公務員の交通事故(人身事故)の処分について

    公務員の人身事故については市区町村レベルでも次のように規定している事が多いです。 飲酒運転・交通事故・交通法規違反関係   (1) 飲酒運転    ア 酒酔い運転をした職員は、免職又は停職とする。この場合において人を死亡 […]

  3. 交通事故によって親を亡くした子に対する支援~交通遺児~

    交通事故で親を亡くした子に対する各種支援のご案内です。

  4. 交通事故で親が死亡した時残された子の為に~交通遺児の救済制度~

    交通事故によって子を持つ親が死亡した時、残された子供(交通遺児)の支援を行う諸団体の紹介です。 居住地の市区町村役場、町役場福祉事務所 交通事故によって母子家庭となった家庭に対して、児童扶養手当や母子福祉資金の貸付、教育 […]

  5. 交通事故の治療には健康保険・労災保険を使うべき?

    特に過失事案では慰謝料を確保する意味でも健康保険の使用にメリットがありまますが、自賠責解決ではデメリットです

  6. 被害者と連絡がとれない。連絡拒否!この交通事故はどうなるのか?

    交通事故の示談で悩むのは加害者も同じです。 被害者と連絡が取れない加害者 示談前の、まだその交通事故の処理段階ともいえる時期に、加害者が被害者と連絡が取れなくなることも少なくありません。理由はいろいろありますが、被害者の […]

  7. 改正道交法

    2013年12月1日施行の改正道路交通法 てんかんや統合失調症、うつを隠して免許を取得した場合 「懲役1年以下か罰金30万円以下」の罰則。 医師が診察結果を公安委員会に通報できる制度を新設。 無免許運転の車への同乗 「懲 […]

  8. 追突事故の慰謝料の計算で重要なこと

    治療費などの”出ていく”お金は、被害者としても抑えるように努力をすべきなのです。それが、最終的に被害者の利益になるからです

  9. 追突事故の被害者には専門家の意見! 

    無過失の追突事故では加入損保会社も役に立たず被害者が自力で示談を行い慰謝料増額を行う事になり不利になりがちです

  10. 当て逃げ(あて逃げ)~物損のみ~

    物損となる当て逃げにの行政処分(点数)、刑事処分、警察の捜査についての問題

  11. 人身事故の行政処分

    人身事故の行政処分は、基礎点数+付加点数の合計が課される点数となりその結果で免停やメントリとなります

  12. 「事故有等級」で保険料が増える~2013年から~

    今後は3等級下がる上に「事故あり等級」という、少し保険料の負担が増える等級が適用されることになります

  13. 交通事故証明に手数料はいらない

    大抵の事故では、事故証明を取り寄せる必要はありません。しかし、何らかの理由で事故証明が必要になる場合があります。(たとえば、各保険の届出や請求など各種手続き)このような場合は、わざわざ手数料を払って事故証明を取り寄せる必要はありません。

  14. 歩行者の交通事故には専門家に意見を!

    歩行者が事故にあうと、入院になる事もあります。そうなると、事故の手続きなどで解らない事は専門家の意見を聞く必要が出てきます。加害者の保険会社が全て良いように行ってくれるというのは全くの妄想で、あくまでも、賠償責任のある加害者に過ぎず、払い渋りが直接の企業利益になるある現実には変わりありません

  15. 約款編:加害者の保険会社と示談交渉をしたくない!

    被害者は保険会社を介さずに加害者と直接交渉をする事が可能です

  16. 交通事故紛争処理センターの利用について

    交通事故紛争処理センターでは、弁護士を味方につける意気込みで戦略を実行知る必要があります。

  17. ひき逃げの罰則

    ひき逃げの刑事処分(懲役や罰金)、行政処分(免許点数)、その基準、その他の罪などを説明

  18. 交通事故専門家というのは?

    交通事故の専門家という表現は基本的に自称であり交通事故専門家という資格があるわけではない交通事故専門行政書士も自称に過ぎない

  19. 交通事故の示談は損保会社によって対応が違う?

    各損保会社の方向性というのは存在しますが、会社名だけで「駄目だ」という区別はつけられません

  20. 交通事故で健康保険を使用する事に反対する医師会

    交通事故の健保使用と自由診療についての私見

  21. その他の相談所

    交通事故の無料相談所の紹介です。

  22. 調停・訴訟

    調停そして訴訟は最後の手段となります。

  23. 日弁連交通事故相談センター

    日弁連交通事故相談センターは交通事故紛争処理センターと似ている機関です。

  24. 交通事故紛争処理センター

    交通事故紛争処理センターは無料で高額賠償金が得られますがメリットとデメリットを比較して交通事故紛争処理センターは離礁します。

  25. はじめに~良い弁護士の見つけ方~

    より良い解決を望むのならば、より良い相談員に相談をするのが基本です。

  26. 話が済むまで帰らせない~監禁・脅迫~

    刑法と民法を上手く使う事によって示談を有利にします。

  27. 加害者の一方的な過失だから言うとおりにしろ

    無理な要求をする被害者に対しては、時として毅然とした態度も必要です。

  28. どうしたら良いのか教えてくれ

    損害の立証は被害者の責任です。答える義務はありません。

  29. 誠意を見せてくれ

    被害者が「誠意」というのは賠償金の上乗せの事ですが、、

  30. 警察が人身事故にしたがらない理由

    実況見分などの手続きが面倒だから物損事故とすることを望んでいます。

  31. 交通事故の実況見分・刑事記録を調べて示談を有利にする

    相手が不起訴のときは、実況見分調書のみしかありません。刑事記録として当事者の言い分を知ることはできません。

  32. タクシー乗車中に乗客が交通事故に遭ったら? 

    タクシーには債務不履行責任と不法行為責任の2つの責任が生じます。

  33. 治癒見込みを活用して自賠責の慰謝料を多くもらう。

    治癒見込みでは、治療期間に7日を足した日数が治療期間となります。

  34. 傷跡の後遺症は認定は交通事故後6ヶ月経ったらすぐにやる!

    抜歯をしてから半年経過ですぐに後遺障害の申請です。

  35. 自賠責保険の時効をごまかす方法

    被害者請求が駄目なら加害者請求で解決をします。

  36. 正当な補償をしたのに関わらず加害者からの請求が止まない場合

    根拠のない請求には、根拠のある説明で対抗します。

  37. 通知書戦略! 自賠責保険編

    自賠法16条5に基づく書面の交付について。

  38. 通知書戦略! 実践編その1

    一番最初の送付する書面を紹介。

  39. 示談交渉、文書利用のススメ

    交通事故ではメモ魔になる事をお勧めします。

  40. 交通事故処理で代理人を立てるメリット

    冷静な判断ができるので、スムーズな示談交渉が可能になります

  41. 後遺障害の申請は被害者請求にする!

    自賠責の被害者請求のメリット、後遺障害の被害者請求の重要性について説明

  42. 無責の交通事故で有責として自賠責を得る方法

    実現は困難ですが方法はあります。

  43. 加害者の行政処分を調べて示談を有利に運ぶ方法

    加害者の行政処分を調べる方法は2つあります。

  44. ハーバード流示談テクニック

    示談交渉の4つのテクニックを紹介。

  45. 加害者を起訴に持ち込む方法

    刑事罰の前提として加害者を起訴する事が必要です。

  46. 加害者側が早い段階で示談を迫ってくる本当の理由

    早期示談を迫ってくるのは保険会社の都合です。

  47. 交通事故の「事故発生状況書」作成のススメ~記録魔になる

    記憶が薄れる前に交通事故の状況などを記録して示談を有利にしていきます。

  48. 警察への供述注意点と苦情の申立て

    人身事故は現場検証が行われ刑事事件となります。

  49. 交通事故の加害者の為のお見舞マニュアル

    交通事故の被害者との関係を良くするため最善を尽くします。 この内マニュアルの内容は、公開には不適切だと判断しています。 必要な方はお問合せフォームより「希望する」旨を明記の上ご請求ください。 現在一定の条件下(状況や被害 […]

  50. 保険会社への苦情の仕方

    交通事故の示談を担当する保険会社の担当者に不満を持った場合には、次の方法により対応しつつ改善の要求をします。いわゆる苦情というものです。 1.日本損害保険協会そんぽADR そんがい保険相談室 そんぽADRセンターのナビダ […]

>
Top