Top

賠償請求者

死亡事故の賠償請求者は相続人全員が請求者となります。 交通事故解決

死亡事故category

死亡事故記事一覧

幸にも交通事故の被害者が死亡した場合には、その損害金は誰が請求するのでしょうか?

結論から言うと、死亡した本人の相続人が損害賠償請求権を取得します。当然ですが、その後の示談などは、その相続人が行う事になります。

配偶者は常に相続人とし、第一順位が存在しないときは第二順位と配偶者。第二順位が存在しないときは第三順位と配偶者が相続人というように配偶者+一番順位の高い者が相続人となります。

常に相続人 配偶者、夫や妻 相続分:下記の残り分全て
第一順位 直系卑属、子や孫 相続分:2分の1
第二順位 直系尊属、親 相続分:3分の1
第三順位 兄弟姉妹 相続分:4分の1

通常は、請求者の中から代表者を決め示談交渉を行います。そうする事により、示談交渉の混乱を防ぎます。最終的な金額を決定する場合は、最終示談には全員の承諾が必要な旨の委任状を作成すれば、その後の相続人間での争いが防げるでしょう。

ただ、相続問題は親族間であっても争いが起きる事が多いのが現実です。死亡事故で相続が問題になる場合には、すぐに裁判所の利用をお勧めします。

  1. 死亡事故の賠償請求者について(相続順位)

    相続人が示談交渉をし賠償金の受領者となります

>