Top

死亡事故の慰謝料

死亡事故の慰謝料について 交通事故解決

死亡事故category

死亡事故記事一覧

通常、交通事故で入院をした場合には、その程度、日数に対して慰謝料が支払われます。

では、死亡交通事故で即死でない場合、死亡に対しての慰謝料は算定されますが、死亡に至るまでの間の入院慰謝料はどうなるのでしょうか。

結論からいうと入院に対しての慰謝料は、死亡慰謝料とは別に算定されます。これは、当然に死亡とは関係なく、別途で算定します。その際、治療費や入院雑費も算定します。

つまり、死亡までは傷害交通事故として損害賠償を算定し、死亡後は死亡交通事故として損害賠償を算定することになります。

  1. 死亡までの入院慰謝料はどうなるのか?

    死亡までの賠償金は傷害として算定します

  2. 外国人の慰謝料はどうなるの?

    多少の違いがあります

  3. 基準以上の死亡慰謝料はありえない?

    死亡事故の慰謝料の基準は適時増減されます

  4. 死亡事故では本人とは別に「遺族に対する慰謝料」があるって?

    遺族に対する慰謝料は原則としてありません

  5. 「死亡した本人に対する慰謝料」の算定方法は?

    2000万円から3000万円が相場です。

>