Top

交通事故系の情報~法改正・罰則・新制度~

交通事故に関連した法改正や新制度、その他の豆知識を紹介します。 交通事故解決

戦略テクニックcategory

戦略テクニック記事一覧

あおり運転や妨害運転とは、次の10つ行為を2020年6月30日から施行された改正道路交通法により定められています。

  1. 対向車線からの接近や逆走(通行区分違反)
  2. 不要な急ブレーキ(急ブレーキ禁止違反)
  3. 車間距離を詰めて接近(車間距離不保持)
  4. 急な進路変更や蛇行運転(進路変更禁止違反)
  5. 左車線からの追い越しや無理な追い越し(追越し違反)
  6. 不必要な継続したハイビーム(減光等義務違反)
  7. 不必要な反復したクラクション(警音器使用制限違反)
  8. 急な加減速や幅寄せ(安全運転義務違反)
  9. 高速道路などの本線車道での低速走行(最低速度違反(高速自動車国道))
  10. 高速道路などにおける駐停車(高速自動車国道等駐停車違反)

あおり運転の罰則

「交通の危険のおそれがある妨害運転」によって、重大な交通事故につながる危険を生じさせた場合、著しい交通の危険がある妨害運転
罰則等:5年以下の懲役または100万円以下の罰金、*違反点数35点、欠格期間3年の運転免許取消し(欠格期間最大10年)
道路交通法第117条

欠格期間とは、免許取消し処分後に免許を再取得することができない期間のこと

ほかの車両等の通行を妨害する目的で、上記10類型の行為を、交通の危険を生じさせるおそれのある方法によりした場合、「交通の危険のおそれがある妨害運転」
罰則等:3年以下の懲役または50万円以下の罰金、*違反点数25点、欠格期間2年の運転免許取消し(欠格期間最大5年)
道路交通法第117条

自動車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の前方で停止したり、著しく接近したりする運転などで人を負傷させた場合
罰則等:15年以下の懲役、人を死亡させた場合には1年以上の有期懲役
自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律第2条

妨害運転となる可能性(高速道路)

高速道路での最低速度は50キロとなっています。50キロ以下で走行するのは後続車への迷惑行為ととらえられあおり運転に該当する可能性があります。

高速道路で中停車するk十は道路交通法75条により禁止されています。よって、相応な理由がなく車両を停止させることは妨害行為となる可能性があります。

2017年6月に発生した東名高速道路での交通死亡事故の判決が2022年6月8日横浜地裁で言い渡され懲役18年となりました。

これらの他に、傷害罪や殺人罪が成立する場合もあります。

2018年にバイクへ妨害運転を行い被害者を死亡させた事故では殺人罪が成立しています。
  1. あおり運転について

    あおり運転や妨害運転とは、次の10つ行為を2020年6月30日から施行された改正道路交通法により定められています。 対向車線からの接近や逆走(通行区分違反) 不要な急ブレーキ(急ブレーキ禁止違反) 車間距離を詰めて接近( […]

  2. 実は追い越し車線を走り続けると違反になる。

    高速道路の追い越し車線(通常は右端車線が追い越し車線になっていることが多い)を長距離にわたって走行し続けるのは認めれていません。追い越し車線は、前の車を追い抜くときに、一時的に速度を上げて走行する車線となっています。 正 […]

  3. 電動キックボードとは?(必要免許や装備、ナンバープレート)

    電動キックボードとは、キックボード(車輪付きの板)に取り付けられた電動式のモーター(原動機)のことです。その中でも定格出力0.60キロワット以下の電動キックボードについては原動機付自転車(原付)に該当し、公道を走る場合は、原付として当然必要な原付免許を所持していなければなりません。当然、原付と同じように走行は歩道ではなく車道になりヘルメットも装着しなければなりません。

  4. スピード違反の罰金と点数

    スピード違反は一般道と高速道で取り締まりとなる速度が異なります。そして超過速度に応じて点数と反則金が決められており、超過速度と点数や金額は比例して増えます。ただし、速度超過が大きいと反則金ではなく罰金となります。罰金とは […]

  5. 過去の保険金請求の情報を共有する保険金請求歴情報交換制度

    保険金お支払情報や保険金の不正請求に関する情報を共有する制度に参加している損保会社の一覧

  6. 交通事故とは?

    交通事故(こうつうじこ)とは、道路または道路外で自動車やバイク、自転車などの軽車両、路面電車やトロリーバスなどの交通に関係している人の死傷または物の損壊をしてしまった場合をいいます。交通事故の定義を定めている道路交通法及 […]

  7. 公務員の交通事故(人身事故)の処分について

    公務員の人身事故については市区町村レベルでも次のように規定している事が多いです。 飲酒運転・交通事故・交通法規違反関係   (1) 飲酒運転    ア 酒酔い運転をした職員は、免職又は停職とする。この場合において人を死亡 […]

  8. 改正道交法

    2013年12月1日施行の改正道路交通法 てんかんや統合失調症、うつを隠して免許を取得した場合 「懲役1年以下か罰金30万円以下」の罰則。 医師が診察結果を公安委員会に通報できる制度を新設。 無免許運転の車への同乗 「懲 […]

  9. 当て逃げ(あて逃げ)~物損のみ~

    当て逃げの行政処分(免許点数)、刑事処分(罰金)、警察の捜査についての問題やひき逃げとの関係について

  10. 人身事故の行政処分~違反点数は?~

    人身事故の行政処分は、基礎点数+付加点数の合計が課される点数となりその結果で免停やメントリとなります

  11. 「事故有等級」で保険料が増える~2013年から~

    今後は3等級下がる上に「事故あり等級」という、少し保険料の負担が増える等級が適用されることになります

  12. 約款編:加害者の保険会社と示談交渉をしたくない!

    被害者は保険会社を介さずに加害者と直接交渉をする事が可能です

  13. ひき逃げの罰則

    ひき逃げの刑事処分(懲役や罰金)、行政処分(免許点数)、その基準、その他の罪などを説明

  14. 交通事故専門家というのは?

    交通事故の専門家という表現は基本的に自称であり交通事故専門家という資格があるわけではない交通事故専門行政書士も自称に過ぎない

  15. 交通事故の示談は損保会社によって対応が違う?

    各損保会社の方向性というのは存在しますが、会社名だけで「駄目だ」という区別はつけられません

  16. 交通事故で健康保険を使用する事に反対する医師会

    交通事故の健保使用と自由診療についての私見

>