約款編:加害者の保険会社と示談交渉をしたくない!

[記事公開日]2011/06/30
自動車事故戦略サポート

交通事故の被害者は、加害者代理の損保会社との示談交渉を拒否する事が出来ます。(約款を確認)

約款には、加害者の保険会社が、被害者と直接交渉を行うには被害者の同意が必要である事が書かれています。そして、被害者が同意をしない場合には、加害者保険会社として、折衝、弁護士の選任を含め調停や訴訟にかかる手続きおよび費用の対応はしないとされています。

つまり、被害者が同意しない限り、加害者保険会社はしゃしゃり出てこれず、加害者と被害者が直接交渉を行うことになります。これが良い方法なのか否か、資力のある保険会社・加害者の態度などを総合的に良く考えてメリットになるよう考えなければなりません。

また、保険会社に対して「あなたとは交渉しません。直接加害者と交渉します」と伝えたところで、そのまますんなりと保険会社が引き下がるかどうかは、、、確実ではありません。保険会社の代わりに弁護士が出てくる、いわゆる「弁護士対応」となるからです。

この条項が作られたのは、保険会社による示談代行は非弁行為に当たるためです。これを回避するために被害者に保険会社との交渉に選択権を与えようとしたわけです。


各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

4 コメント on “約款編:加害者の保険会社と示談交渉をしたくない!

  1. 2週間ほど前の事故で100:0で相手に過失があると保険会社に言われました。
    修理された箇所は半分にも満たずこの傷は最初からあったものなので事故とは関係ないと拒否され保険会社ともめています。
    保険会社は車が「古いので最初からついていた傷だ」といいます。
    こちらとしては加害者側と残りの修理について交渉したいのですができますでしょうか?
    また、加害者側から受け取った連絡先が名前以外は嘘で連絡が取れないと保険会社に問い合わせたが音沙汰なしの状態です。
    この場合はどうしたらいいのでしょうか?

    1. 名無し様 交通事故証明書を入手すれば相手のデータはそろいますので、お勧めいたします。
      弁護士特約の加入はされておりますでしょうか?こういった一方的な過失の事故の場合においては、弁護士法違反である非弁行為にあたるため、無過失側の保険会社が動いてくれない場合があります。そういったケースでは弁護士特約を使用して代理委任をしていただくと、話がスムーズに進むことが多いです。

  2. 止まっているところを後ろから追突され、こちらの過失は無いのですが、加害者の保険会社との交渉をしないで加害者本人と示談交渉をしたいのですが、保険会がそれを一度は認めたものの、現在では、加害者に過度の精神的負担がかかるとして、認めてもらえません。どのように進めたら良いのでしょうか。

    1. 保険会社が加害者との直接交渉を認めないことができる根拠はなにか、これを問いただしてください。

      直接交渉を認めないのは、保険会社からの”お願い”なのか、それとも”強制”なのかをはっきり回答させてみてください。

-
Top