当て逃げ(あて逃げ)~物損のみ~

[記事公開日]2012/11/15
[最終更新日]
自動車事故戦略サポート

車でモノに当てたまま逃げてしまった場合、その運転手は道路交通法違反(事故不申告)となります。罪名を同容疑として逮捕された事例は確かに存在しますが、ほとんどの場合は逮捕までには至りません。と、これは刑事事件での話となります。この時の加害者には刑事処分とは別に、行政処分が行われる場合があります。

ところで、このような当て逃げの加害者・犯人に「器物損壊」という罪名を適用できるのか?という質問がありますが、器物損壊は故意犯というもので、「わざとぶつけた」という事実がない限り適用されません。よって、一般的な当て逃げ事故では、わざとぶつけることは考えにくいので器物損壊での被害届は提出できません。

当て逃げの処分

そして、加害者に対する行政処分ですが、
「物損事故の場合の危険防止等措置義務違反(あて逃げ)5(付加点数)」
という決まりがあります。

この物損に対する当て逃げは付加点数なので、事故に至った基本的な違反行為に対する基礎点数が必要になります。大抵はこれに安全運転義務違反2点などが基礎点数となって行政処分が下されます。ただし、軽微な物損事故で示談前提となっている場合は、この行政処分はかされないことが大半です。

なお、刑事処分について、道路交通法の第百十七条の五で、「一年以下の懲役又は十万円以下の罰金」と、一応その処分が決まっています。

ひき逃げと当て逃げが違う点は、警察の捜査に対する意気込みと言えます。
ひき逃げは受傷者が自動車運転過失致死傷罪または危険運転致死傷罪の被害者になるということで「被害者」が存在します。救護義務違反にも「被害者」が存在すると考えられるので、これらの性質上警察は本気で捜査をします。

これに対して、当逃げは被害者というものが存在しないことになります。
なぜならば、ぶつけられえた側を被害者として加害者を罰する法律がないからです。唯一当てはまる「報告義務違反」は警察に対する違反と捉えられています。ナンバーがわかれば相手を割り出すこと程度のことはしますが、もちろん、損害賠償につては「民事不介入の原則」というものがある通り、警察は原則として関与しません。つまり、損害賠償請求のために操作は行わないという事になります。



各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

118 コメント on “当て逃げ(あて逃げ)~物損のみ~

  1. 駐車場で停まっている車にぶつけてしまいました。1時間程その場で待ちましたが車の持ち主が戻って来ない為、車のワイパーに「車をぶつけてしまったので連絡して下さい」というメモと携帯の番号を書いたメモを残して帰宅しました。保険会社に連絡をして被害者からの連絡を待つように言われたのですが、その日は連絡が来ませんでした。翌日も連絡が来ないので警察に状況を伝え、相手の車のナンバーを伝えたところ、被害届は出ていないという事でした。
    警察には被害者からの連絡が来ないのであれば、とりあえず事故証明を発行するので事故届を出し、被害者から連絡があった場合は当事者同士で処理しで下さいと言われました。
    そして3日目の今日、まだ連絡は来ません。自動車保険の対物保障で直したいのですが、相手と連絡がとれない為、どうする事も出来ません。
    どうするべきでしょうか。

    1. その状況では殆どの場合、相手(ぶつけられた方jから連絡が来ることはありません。

      ナンバーが分かっていれば登録上の所有者を知ることができる可能性はあります。もし調べることができたら賠償を行うということはできると思います。

      ただ、一般的にはただ待つことになります。

-
Top