Top

人身事故の賠償金?

人身事故の損害についての基本 交通事故解決

人身事故category

人身事故記事一覧

交通事故が起きた場合には加害者は3つの責任を負うことになります。それは民事、刑事、行政上の3つの責任です。

民事の責任とは、被害者に対する金銭的な損害賠償責任です。
刑事の責任とは、刑法208条の2危険運転致死傷罪などです。
行政の責任とは、運転免許証の停止や取消しです。

ここでは、民事上の責任としての人身事故の賠償金について少し掘り下げます。

交通事故の被害者とその家族には、交通事故によってさまざま被害が生じます。それを加害者は、正当に賠償しなければなりません。

その賠償の内訳は、大きく分けると3種類あります。

・積極損害・・・現に支出しまたは支出しなければならない損害。治療費、交通費など
・消極損害・・・被害者が生存、健康であれば受けられたであろうと予想される将来の利益の事。得べかりし利益、逸失利益といいます。休業損害など
・慰謝料・・・被害者の被った精神的損害に対する賠償。入通院慰謝料(傷害慰謝料)、後遺症慰謝料など

人身事故賠償金のフロー

交通事故の損害賠償金の算定には、この請求項目も大切ですが、賠償金額、請求者、賠償責任者、さらには過失割合や支払方法など、さまざまな要因が複雑に絡み合っています。基本となる賠償金算定基準すら3種類あります。

算定方法を間違えれば加害者、被害者のどちらかが損をし、どちらかが得をすることになります。そんなことがおきないように、正確に賠償金を算定する必要があります。

とくに、被害者にとって示談相手が任意保険会社などのプロの場合は、相手が「○○さん、休業損害を請求し忘れてますよ」とか「この金額は、相場よりかなり少ないですよ」と言ってくれる事はありません。逆に加害者からすれば被害者に対して「これは損害として算定することはできません」と、はっきり主張しなければなりません。

示談書にサインをしてしまったら、絶対に後戻りは出来きません。 だとすれば、示談において正確な賠償金算定技術が必要になるのは、いうまでもありません。

  1. 人身事故の賠償金について

    交通事故の被害者とその家族には、交通事故によってさまざま被害が生じます。それを加害者は、正当に賠償しなければなりません。その賠償の内訳は、大きく分けると3種類あります。

  2. 人身事故の賠償基準の種類について

    自賠責基準、任意保険基準、裁判所基準(赤本・青本)

  3. 基本的な人身賠償金の計算方法

    人身賠償金の計算式について

  4. ケース別、人身賠償の最終的な支払方法

    人身賠償金の支払い方法について

>