「死亡した本人に対する慰謝料」の算定方法は?

[記事公開日]2011/01/02
[最終更新日]
自動車事故戦略サポート

交通事故で被害者が死亡すると、死亡した本人に対して慰謝料が支払われます。ただし死亡事故では、本人は死亡しているので相続人が慰謝料の受取人となります。

金額は死者の年齢、家族構成などにより算定します。

死亡慰謝料基準

死亡慰謝料には支払う立場から算出される3つの基準があります。裁判所基準、自賠責基準、任意基準です。裁判所金額がもっとも公平であるのは言うまでもありませんが、次に紹介する自賠責基準はその性質から最低金額とされています。任意基準は各社異なりますので参考程度の数字となります。

裁判所基準の死亡慰謝料

一家の支柱の場合2700万~3100万(2800万円)
一家の支柱に準ずる場合(母親、配偶者)2400万~2700万(2500万円)
その他の場合2000万~2500万

※一家の支柱とは、一家の収入の柱になって生計を立てている者のこと。
※一家の支柱に準ずるとは、それ以外で家事の中心、育児中の母など。
※その他はとは、独身、幼児、68歳以上の無職者など。

自賠責の死亡慰謝料

一律350万円

※この他に遺族に対する慰謝料がある。

任意保険等の死亡慰謝料

一家の支柱の場合1500万円程度
その他の場合1300万円程度


各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

2 コメント on “「死亡した本人に対する慰謝料」の算定方法は?

  1. 死亡事故の加害者家族です。お通や葬式には参列し、御仏前をお渡ししていますが、その他はいつ訪問すべきでしょうか。また金額はいかがすればいいのでしょうか。

    1. このような死亡事故の場合、賠償金については大抵49日が過ぎた後に交渉が始まります。しかし、誠意としてならば、初七日などはすべて出席すべきです。ただし、遺族の感情によって適時対応を変えていかなくてはなりません。なお、「金額」とは何を指すのかわかりませんが、法律上背負うべき責任分(賠償金)は支払うことになります。

-
Top