追突事故の慰謝料の計算で重要なこと

[記事公開日]2013/03/20
[最終更新日]
自動車事故戦略サポート

追突事故の慰謝料

追突事故は、基本的に10対0の事故です。つまり、被害者に過失は発生しないので、追突事故は全ての賠償金は加害者が負担するという考えになります。しかし、本当にすべてを加害者に全額を支払わせるという認識は正しいのでしょうか?

結論から言うと、裁判ではなく話し合いでの解決(示談解決)を前提とするのであれば、治療費などの”出ていく”お金は、被害者としても抑えるように努力をすべきなのです。それが、最終的に被害者の利益になるからです。

なぜかというと、加害者の保険会社は、「支払保険金を抑えること」が最重要課題です。人身事故の120万円までは自賠責保険で賄われるので、任意保険会社の支出はありません。しかし、120万円を超えればその分は任意保険会社の負担となります。そうなれば、治療費の支払いも休業損害の支払いも交通費、そして慰謝料も全て同じ「賠償金」なのです。

だとすれば、治療費が多額にかかってしまった場合は、保険会社の立場として「では慰謝料を少なくしよう」と、考えて賠償金を計算をしてきます。治療費は示談前に直接病院へ支払われ、慰謝料は示談後に支払われるので、慰謝料は賠償金の調整に利用されやすいのです。

被害者が無過失だからといって、長期にわたり漫然と治療を受け続け、タクシーに乗り放題というのは、いたずらに賠償金を増やすことになり、結局は慰謝料が少なくなるという結果になります。被害者の立場であっても、出来る限り賠償金は抑えるように考えるのが戦略です。

*短期間の通院では、あまり重要なテクニックではありません。そもそも賠償金総額が小さいからです。
*治療費等が高額になっても慰謝料を少なく計算をしてこない担当者もいます。
*これは一つの考え方ですが、「被害者が賠償金の抑制」を考えるべきなのは全てに共通します。
*治療費の抑制は通院をするなという事ではありません。その方法を適切なものにするという意味です。

追突事故の過失割合

追突事故だからと言って、被害者が無過失になるとは限りません。無過失となるには、被追突車に相応の過失が発生する行動がなかったことが条件です。意味のない嫌がらせのためのブレーキ・急制動は被害者と言えども過失相殺の対象となります。

悪質な被追突車には5割の過失が認定されたという事もあり、追突事故だからと言って漫然と10:0で処理する事は考えずに、少しでも加害者の法令違反を指摘できれば、無過失というのは成り立たなくなります。


各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

10 コメント on “追突事故の慰謝料の計算で重要なこと

  1. 最近追突事故にあいました。その際の被害者請求の仕方を教えてください。自分は被害者です。

    1. 加害者側の自賠責に電話をして「自賠責請求書類を送ってください」とお伝え下さい。自賠責の請求書類が郵送されてきます。

  2. 19歳の長男が追突されました。信号待ちで後続いきなりです。頸椎打撲、まだ病院へ通院しています。警察は人身事故になりました。車は中古で約40万くらい、査定14万納得いきません。相手が100%です。修理費なら50万しか出せない。修理は約80万します。相手保険会社渋つてます。

    1. 山田様 車は全損扱いでしょうか?全損だとすれば時価額での査定をされている可能性がありますので、担当者に14万円の根拠を説明してもらってください。

  3. 9月21日の夕方に車のすれ違い事故が発生しました!
    その際に事故両者の言い分に違いがあり、交通検分の方が2名で事故の検分をしてもらい2箇所の事故のうちミラーは両者が悪く後ろのバンパーは相手が悪いと説明を受けたのですが後日相手方の保険屋から事故自体が50%50%だと説明がありました!事故の詳細が記録されているモノは手にいれららないのですか?北堺署に行きましたが記録は無く、担当から後日連絡するとだけ伝えられました!保険屋に言うのが1番なんですが、私はミラーは修理しなくて、バンパーのみ相手の保険で修理を希望しております!お願い致します!

    1. >事故の詳細が記録されているモノは手にいれららないのですか?

      人身事故でないと警察の実況見分は入手できないのが原則です。物損の場合は入手が困難です。

  4. 78歳の父が2月21日夕方交通事故に合いました。あたりも暗く黒い服をきていて相手の方は見えなかったとブレーキはかけましたが間に合わず跳ねられました…左大腿遠部開放骨折、左脛骨骨幹部骨折、遠位部骨折、左環指基節骨骨折で手術を受けました
    相手のかたは自賠責しか入ってなく、我が家も任意保険はありましたが人身障害が入ってなく、生命保険もありません
    この先どうしたらいい不安です
    また後遺症が残りそうなのですが級は取れるのか?
    母と農業してますが、今年は米も作れないし父が車椅子生活になったら母が介護で働けなくなります
    今後どうして生活していけるか心配で仕方ありません
    どうしたらいいでしょうか?

    1. 治療は全て健康保険を使用する事で治療費を圧縮しつつ、何かに付帯している保険でカバーできないかしばらてみてください。後遺障害の等級に該当する事になると思われます。

    1. 交通事故では通院をしていなければ精神的な慰謝料の請求はできません。逆に通院をしていればできる事になります。

-
Top