交通事故の加害者の為のお見舞マニュアル

[記事公開日]2010/06/14
[最終更新日]
自動車事故戦略サポート

交通事故の被害者との関係を良くするため最善を尽くします。
加害者のお見舞
この内マニュアルの内容は、公開には不適切だと判断しています。
必要な方はお問合せフォームより「希望する」旨を明記の上ご請求ください。

現在一定の条件下(状況や被害者との関係)での配布のみとさせて頂いております。
配布可能な場合には48時間以内にメールにてお送りいたします。

なお、不都合のない範囲で説明しますと以下の通りとなります。

・加害者に非があると思う場合には、お行儀よくお詫びを行うこと
・菓子折りに安物は厳禁
・現金は渡さないこと(任意保険が対応している場合)
・賠償金に関する約束はしないこと(任意保険が対応している場合)
・保険会社の不満を言われたら「私からも強く改善を要求します」と伝え善処する
・示談交渉に巻き込まれないようにする(保険会社に任せる)


各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

45 thoughts on “交通事故の加害者の為のお見舞マニュアル

  1. 本日事故を起こしてしまいました社用車での事故で信号のある交差点で前方を良く見ていなく信号無視をしてしまいました事故の程度は今の所お互いの車の損傷だけですけど過失は私に100%あると思うのですがまだ保険会社同士の話は出来ていない状態ですがお見舞に行ったほうが良いのでしょうか?

    1. 車の損傷だけならば、お見舞いに行く事はありません。なぜなら、ケガ人がいないからです。けが人が出た場合はまず保険会社に確認をしてください。

      また、相手が無過失の場合は、原則として相手に保険会社は付きません。よって。こちらは保険会社、相手は当人が直接対応を行う事になります。

-
Top