無責の交通事故で有責として自賠責を得る方法

[記事公開日]2010/11/17
自動車事故戦略サポート

自賠責保険は、怪我をした側が100%悪い時などの「無責の3条件」が成立する場合には、怪我を負った側に対する保険金は支払われません。

しかし、過失が99%なら50%の減額ですみます。ここに目をつけ、自賠責保険の支払を受けるテクニックがあります。

例えば、センターラインオーバーの車Aが車Bに突っ込んだとします。
しかし、被害者のA車の運転者が負傷した場合、このほとんどがB車は無責になり、自賠責保険は支払われません。

ここで、仮にB車が「もう少しブレーキを早くかけていたら交通事故を防げたかもしれない」と、自認してくれたら、自賠責保険では3割減くらいで支払われるかもしれません。

事実関係や状況を判断して、B車の運転手に自認書を書いてもらい、上手に自賠責に請求すれば、3割くらいの減額ですむかもしれないのです。

自認してもらうのは非常に難しいですが、脅してはいけません。
しかし、これもひとつの正当なテクニックです。


各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-
Top