通知書戦略! 実践編その1

[記事公開日]2010/11/18
自動車事故戦略サポート

交通事故戦略サポートINFOでは、示談を含めた交通事故処理には、その正確性を保つために通知書戦略をお勧めしています。

ここではまず、交通事故が発生したらまず最初に行う通知書戦略をご紹介します。


交通事故がおきると、嫌でもその示談交渉をしなくてはなりません。

そのとき、通知書戦略をおこなうのですが、まずはその宣戦布告をします。

任意保険会社御中

              通知書

私は平成11年11月11日に東京都千代田区1丁目1番地1号前において、交通事故に遭った被害者の加藤 拓也と申します。

貴社が、加害者中澤 秀記の加入している任意保険会社であることが明確になっておりますが、今後の示談交渉にあたり、紳士的かつ迅速に損害賠償をしていただきたくここにご連絡申し上げます。
現在はまだ通院が始まったばかりですので、それが終了した時点で行政書士に損害賠償額を算定してもらうなどして損害賠償請求書を貴社宛てに送付いたします。
また、本件交通事故では、治療等で大変に疲労しており、当方への今後のご連絡は、電話等ではなく下記住所まで書面にてお送りくださるようお願い申し上げます。

〒111-1111
東京都千代田区千代田111-111
加藤 拓也
〒272-0836
千葉県市川市北国分2-6-7-302
TEL047-369-6414 FAX047-369-6414
書類作成代理人 行政書士 笠原 仁(職印)


各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-
Top