交通事故戦略サポートTopPosts tagged "人身事故"

人身事故

人身事故に関するページの一覧。

追突事故の慰謝料の計算で重要なこと

追突事故の慰謝料 追突事故は、基本的に10対0の事故です。つまり、被害者に過失は発生しないので、追突事故は全ての賠償金は加害者が負担するという考えになります。しかし、本当にすべてを加害者に全額を支払わせるという認識は正しいのでしょうか? ...
詳しく見る

事故の届出をしなかったバスで乗客の保険を使用

名古屋市営バス鳴尾営業所(南区)が、10年度に起きた乗客の車内転倒などの人身事故3件について、市バス側の自賠責や任意保険で治療費を支出せず、負傷した乗客が自分の医療保険で治療していたことが分かった。警察には届けたが、乗客の保険を使ったため営...
詳しく見る

人身事故とは?~人身事故の定義~

人身事故とは、事故により人が受傷し怪我をした場合の事を言います。人身事故とは?といった定義を説明しているい法律は存在しませんが、交通事故の実務上では、交通事故証明書に「人身事故」という記載が見受けられます。(人身事故の反対は物件事故と記載さ...
詳しく見る

交通事故の全治期間とは?

交通事故で受傷すると、最初の病院では「全治○○間」という診断書が作成されることがあります。これを警察に提出して人身事故とします。いわゆる、警察用診断書とよばれるもので、これには加r\ならず、全治機関が記載されています。 良くある質問で...
詳しく見る

交通事故の示談は損保会社によって対応が違う?

交通事故が発生して被害者となると、加害者の任意保険会社が被害者に対して示談交渉などを行います。基本的に物損と人身では担当者が異なりますが、一人の担当者が交通事故の処理に当たります。損保会社によって対応が悪いとか、示談が難航するなどといった話...
詳しく見る

異議申し立て~自賠責の査定に不満がある。

交通事故の中でも、それが人身事故であれば加害者の自賠責保険から医療費や傷害慰謝料が支払われます。後遺障害と認定されれば、それに基づき後遺障害慰謝料や逸失利益が支払われます。 しかし、中には支払金額や後遺症認定に納得ができなかったりする...
詳しく見る

自賠責を請求するのは加害者?被害者?

交通事故が発生して、それが人身事故の場合には、自賠責保険が使える。 わかっているのに、加害者?被害者?病院?警察? 言い合っている間に時効。 そんなことは無いとは言えないので、請求の主体は誰なのかをはっきりさせます。 自賠責...
詳しく見る

同乗者には自賠責はつかえないのか?

自賠責保険は人身事故の被害者を救済するための強制保険です。しかし、交通事故を起こした本人には適用がありません。 では、同乗者は自賠責保険金の請求はできるのでしょうか。 結論をいえば、同乗者が交通事故で傷害を負った場合には...
詳しく見る

運転者など自分の怪我に自賠責は使える?

自賠責保険は人身事故で発生した治療費、慰謝料、後遺症などの損害賠償金を支払う保険です。 では、交通事故を起こした本人には、適用があるのでしょうか。 残念ながら、自賠責は「被保険者以外の他人に対して支払う保険」という規定があるので、自...
詳しく見る

交通事故(人身事故)の刑事責任について

人身事故を発生させると、加害者は刑事責責任を負うことになります。 (業務上過失致死傷等 刑法211条) 業務上必要な注意を怠って人を死傷させたものは、5年以下の懲役若しくは禁固又は50万円以下の罰金に処せられるとあります。 ...
詳しく見る

任意保険の種類と対象

任意保険は、商品ごとにその補償対象などが異なりいくつかの種類があります。平成10年7月の自由化に伴ってその詳細は各社それぞれで、約款等により確認する必要があります。 ここでは代表的な保険を代表的な内容で紹介します。あくまでも代表的な内...
詳しく見る

後遺症が残る時・交通事故の後遺症とは?

交通事故の後遺症というのは、以下の3点をいいます。 1.ケガが治ったとされたときに体に残った障害 2.一通り治療が終わあとに残った症状 3.治療したが完治せずに、症状改善の見込みのない固定した症状 上記の3点の状態から、治療...
詳しく見る

結局、交通事故を起こしても免責される条件は?

人身事故を起こした場合に、加害者に責任が発生しない条件は2つに限られています。 不可抗力や正当防衛による免責   例えば、雷や地震によって交通事故が起きた場合には、それは不可抗力によるものとして加害者は免責されます。さらに、正当防...
詳しく見る

従業員の人身事故に会社の代表取締役個人が責任を負うことはあるのか?

従業員が交通事故を起こした場合、会社(使用者)が責任を負う事は説明しています。 では、会社(使用者)ではなく、代表取締役個人が責任を負う事はあるのでしょうか。 従業員が交通事故を起こした場合に、代表取締役個人が責任を負う事になる...
詳しく見る

子が人身事故を起こした場合の親の責任は?

子が自分名義の車で人身事故が起きた場合に、その親は賠償責任を負うのでしょうか。 子が成人している場合には、親だからといっても交通事故の責任を負う事は原則としてありません。しかし、交通事故を起こした本人が未成年の場合には、親が責任を負う...
詳しく見る

親が子に名義を貸した場合に責任の所在は?

未成年者には、車輛の所有者としての名義を、その未成年の親が貸すのが一般的ですが、この時おきた人身事故については、親に責任はあるのでしょうか。 幼児と違い免許を取得できる程の子にもなると、当然にその交通事故の責任はあります。しかし、その...
詳しく見る

修理業者が人身事故を起こした場合にはユーザーにも責任はある?

ユーザーに依頼され修理をし、試運転などの時に修理業者自身で交通事故を起こす場合があります。この時、修理業者は当然に交通事故の責任を負います。そして、通常の人身事故のように、運行供用者としてその所有者も責任を負うのかどうかという問題があります...
詳しく見る

元請業者は下請業者の人身事故の責任を負う?

交通事故の運転者が会社の従業員であった場合には、その会社(使用者)は責任を負わなければなりません。しかし、従業員ではなく同じような立場の下請業者が交通事故を起こした場合にはどうなるのでしょうか。 従業員が事故を起こした場合に使用者が責...
詳しく見る

衣服や眼鏡が破損した場合

交通事故にあってしまった場合に、衣服が破れたり眼鏡、入れ歯が壊れた場合には、その賠償金はどのような取扱いがなされるのでしょうか。   原則として、メガネやコンタクトは必要かつ妥当な範囲で人身事故の損害として認められます。つまり、自賠...
詳しく見る
Top