交通事故の全治期間とは?

[記事公開日]2011/03/29
[最終更新日]
自動車事故戦略サポート

交通事故で受傷すると、最初の病院では「全治○○間」という診断書が作成されることがあります。これを警察に提出して人身事故とします。いわゆる、警察用診断書とよばれるもので、これには加r\ならず、全治機関が記載されています。

良くある質問で、「全治7日間と記載されていた場合には、7日間しか通院が出来ないのか?」というのがありますが、この全治期間によって、治療期間が直接制限を受けることはありません。全治7日間であっても3カ月6カ月通院している例はたくさんあります。


各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

15 コメント on “交通事故の全治期間とは?

  1. 3週間位まえ赤信号無視して横断歩道に進入してきた自転車に軽い接触事故しました。全治10日の診断書が提出されたそうですが、保留になっているとの事これは人身事故になりますが?

    1. 事故扱いにはなると思われますが、自転車に完全なる(100:0)過失が認められるのであれば、処分についてはなされないと思われます。

-
Top