事前認定とは?

[記事公開日]2016/04/25
[最終更新日]
自動車事故戦略サポート

事前認定とは、任意一括という手続きにおいて自賠責の支払いを行う関係上、自賠責の損害調査を行っている損害保険料率算出機構(農協の場合はJA共済連。ただし順次損保料率算出機構に移管)に対して、自賠責の適用の可否についや後遺障害等級などに関する自賠責での取り扱いについて事前に確認を行うことをいいます。

少し一文が長くなってしまいましたが、事前認定とは任意保険会社が自賠責の判断を事前に確認する手続きの事です。

事前認定というと、大抵の場合に「後遺障害の事前認定」と考えてしまいがちですが、通常の賠償金(治療費や休業損害など)についても、事前認定で確認ができます。

厳密に言えば、自賠責を代行している場合、任意の担当者は「この交通費は賠償の対象となるか?」という微妙な問題があった場合には即答できず、自賠責に確認(事前認定)を行ったうえで被害者にその可否を伝える必要があるといえます。


各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-
Top