医師への謝礼金や見舞い客への快気祝は認められるのか?

[記事公開日]2010/11/14
[最終更新日]
自動車事故戦略サポート

交通事故の治療でお世話になった医師や看護士に対する謝礼金を損害金として加害者に請求する事は出来るのでしょうか。

交通事故の賠償金として認められる医療費は、現に治療費が支払われるために認められる範囲は限られています。こういった条件下で、医師に対しての謝礼として交通事故の賠償金として認められるもは3万円程度です。例外として、非常に複雑な手術を行った医師に対しての謝礼金として30万円を認めた例もあります。

しかし、時代の流れは、こういった賄賂のような性質をもった医師への謝礼は否定される傾向にありいます。

また、話は異なりますが、供血者への謝礼、交通費を認める地裁判例も出ています。

それに比べて見舞い客に対する接待費快気祝いなどの費用は被害者の感謝の気持ちのあらわれであり、見舞金などとの釣り合いがなされているといったことから、賠償金として加害者に請求をすることは認められません。


各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-
Top