タグ: 追突事故

追突事故の関する記事をランダムに一覧表示ました。

追突事故の慰謝料の計算で重要なこと

10 Comments

追突事故の慰謝料

追突事故は、基本的に10対0の事故です。つまり、被害者に過失は発生しないので、追突事故は全ての賠償金は加害者が負担するという考えになります。しかし、本当にすべてを加害者に全額を支払わせるという認識は正しいのでしょうか?

結論から言うと、裁判ではなく話し合いでの解決(示談解決)を前提とするのであれば、治療費などの”出ていく”お金は、被害者としても抑えるように努力をすべきなのです。それが、最終的に被害者の利益になるからです。

なぜかというと、加害者の保険会社は、「支払保険金を抑えること」が最重要課題です。人身事故の120万円までは自賠責保険で賄われるので、任意保険会社の支出はありません。しかし、120万円を超えればその分は任意保険会社の負担となります。そうなれば、治療費の支払いも休業損害の支払いも交通費、そして慰謝料も全て同じ「賠償金」なのです。

だとすれば、治療費が多額にかかってしまった場合は、保険会社の立場として「では慰謝料を少なくしよう」と、考えて賠償金を計算をしてきます。治療費は示談前に直接病院へ支払われ、慰謝料は示談後に支払われるので、慰謝料は賠償金の調整に利用されやすいのです。

被害者が無過失だからといって、長期にわたり漫然と治療を受け続け、タクシーに乗り放題というのは、いたずらに賠償金を増やすことになり、結局は慰謝料が少なくなるという結果になります。被害者の立場であっても、出来る限り賠償金は抑えるように考えるのが戦略です。

*短期間の通院では、あまり重要なテクニックではありません。そもそも賠償金総額が小さいからです。
*治療費等が高額になっても慰謝料を少なく計算をしてこない担当者もいます。
*これは一つの考え方ですが、「被害者が賠償金の抑制」を考えるべきなのは全てに共通します。
*治療費の抑制は通院をするなという事ではありません。その方法を適切なものにするという意味です。

追突事故の過失割合

追突事故だからと言って、被害者が無過失になるとは限りません。無過失となるには、被追突車に相応の過失が発生する行動がなかったことが条件です。意味のない嫌がらせのためのブレーキ・急制動は被害者と言えども過失相殺の対象となります。

悪質な被追突車には5割の過失が認定されたという事もあり、追突事故だからと言って漫然と10:0で処理する事は考えずに、少しでも加害者の法令違反を指摘できれば、無過失というのは成り立たなくなります。

追突事故の被害者には専門家の意見! 

52 Comments

追突事故とは?

追突事故とは、停車中または通常走行中の車両等(被害車両)に別の車両等(加害車両)が前方不注意等で追突する交通事故を言います。つまり、被害者が無過失の場合をいいます。このページでは主に被害者が無過失であることを前提に書いていくことにいたします。

ところで、追突事故で一番困るのは、実際に被害を受けた被害者です。追突事故

なぜなら、こういった追突事故が発生してから、事故処理について、被害者が加入している任意保険会社に連絡をしても、「お客様に過失のない場合には当社は示談の代行ができません」といわれてしまいます。しかし、加害者が任意保険等に加入している場合には、その任意保険会社が加害者に代わって事故処理を進めます。すると、知識の不足する被害者は、必然と知識が豊富な保険会社と話し合いを行わなければなりません。

つまり、被害者追突事故とは、交通事故に全く過失が無いのにもかかわらず、味方になってくれる者がいないという、まさに泣きっ面に蜂状態で事故処理を行っていくことになります。

追突事故の示談

追突事故では、過失の示談交渉以外、慰謝料や休業損害についての示談は全て自分で行わなければなりません。追突事故が起きるまで交通事故に関しては全く無知であった者が、加害者の任意保険の担当者という交通事故のプロを相手にして、満足のいく示談結果がでることは難しいといわざるを得ません。

保険会社とどのように対処していけばいいのか?

追突事故での治療方法?

追突事故でムチウチになった時の後遺症は?

追突事故の示談方法?

追突事故での慰謝料?

追突事故が原因のさまざまな不安と疑問と金銭問題には、交通事故の専門家である弁護士か行政書士に頼るしか方法はありません。

ただ、代理店経由で損保に加入をした場合には、代理店が相談にのってくれる場合があります。これは無料で行われるものなので代理店の性質次第ですが、契約者重視の代理店は、交通事故の相談や各種手続きなどを無料で行って頂けるので非常に頼りになる存在になります。念のため私も最高の損保代理店で任意保険に加入をしています。

追突事故の慰謝料

話は変わりますが、ある保険屋さんはこう言いました。

「追突事故ほど儲かる交通事故は無い」
 
どういうことか聞くと、追突事故の被害者には、間に入って適切な対応のできる”担当がいないので、慰謝料の金額でも被害者をうまく騙せるんだそうです。

交通事故が自賠責の金額での示談なら、任意保険会社は損をしません!

だから、任意保険会社はできる限り自賠責の上限である120万円で収めようとしてきます。もちろん、その時の慰謝料は自賠責基準です。

任意保険会社は、被害者にはさも自分のお金を出しているかのような顔をして、追突事故に対する慰謝料などを提示してきますが、それが120万円以内なら自賠責保険内の解決ということで、原則として任意保険会社の持ち出しはありません。しかし、場合によってはそこを交渉して自賠責以上の慰謝料を出させる事も必要となってくると思います。
 
追突事故の被害者にとって、損保会社という相手は海千山千の玄人、常に慎重で用心深く示談交渉を行ってください。

そして困ったことがあればすぐに専門家にご相談ください!

ところで、追突事故の慰謝料とどのくらいなのか?というのは気になることろだと思います。交通事故の慰謝料は通院実績に対して支払われる通院慰謝料後遺障害に対して支払われる後遺傷害慰謝料に大別されます。通院慰謝料は、半年間通院を行って60~80万円程度ですが、後遺障害の等級を獲得するとそれだけで最低でも75万円が計上されます。これについては別ページで詳しく述べる事にします。

コンテンツ:交通事故の慰謝料について

追突事故の過失

追突事故、ここでは後突の過失について考えてみます。

加害車には、先行車に対する動静不注意、車間距離不保持の過失が認められる事が多くです。しかし、、回避処置不適切というものも有り、これは「停止した後に衝突された」という被害者がいる場合には「回避処置不適切」と判断されます。

殆どの場合、被害者の過失はゼロとなります。

ただし、追突事故でも被害者側に過失が発生するときも有ります。それは、被害者の運転操作が適切ではなかった時です。「理由のない急ブレーキ」などがこれに当たります。

交通事故で労災保険は使うべき?

16 Comments

勤務中や通勤等中の交通事故では、労災保険が使用できます。

被害者が労災保険を使用して給付を受けた場合は、後日労災は加害者(加害者の保険会社)に請求を行うので、結局は加害者が賠償金を負担する事になります。

ただし、双方に過失が発生する事故では、労災が給付した金額全てではありません。加害者が負担するのは「加害者の過失分」だけで、残りは労災が負担してくれるので労災を使用する選択になりますが、自賠責上限の120万円で足りると予想される場合には、わざわざ労災の手続きをしなくとも被害者に過失分の負担はありません。(自賠責で重過失減額されない事故に限る)つまりこの場合は、労災を使用しない選択が一般的です。

では、追突事故などで被害者に過失がない無過失事故の場合はどうなのでしょうか。

これは、被害者の自由な選択でどちらでも構いません。なぜならば、労災が支給した金額全てが加害者に請求されるので結局は加害者が全額支払うことになり、また、いずれの場合も被害者にも何ら金額的負担は発生しないからです。(突き詰めていけば、労災の選択となりますが、ここでは自由な選択としておきます)

また、労災には慰謝料という概念がありませんので、交通事故の慰謝料は労災ではなく加害者側から支払われる事になります。

ただし、休業損害や後遺障害が発生した場合はこの考えとは違う考え方になります。

休業損害が発生した場合の補償は、労災から休業補償として6割が支給されます。残りの4割を加害者側が支払うことになります。保険会社に対する休業損害の請求では、しばしばその請求期間がいつまでなのか?という争いが生じます。これに比べると、労災の休業補償は緩やか(ただし、個々の案件によって異なる)です。その緩やかな基準で支払われた期間は、保険会社も合わせて支払ってくる場合が大多数なので、保険会社と休業損害の交渉を行う手間が省けるというメリットも考えれば労災の適用も考えられます。

さらにもう1つ、交通事故で労災を使用すると特別支給金という賃金の2割分が支給されます。これは加害者とは全く関係ない次元にあるものなので、お見舞金と同じ性質で「給料の2割が多くもらえる」という感覚で受け取れるというメリットもあります。

以上、交通事故で労災は使用するべきか?述べましたが、これは一つの考え方で正解ではありません。ただ、一つ言える事で間違いがないのは、迷った時は労災を使用する選択です。これによる実害はないからです。

会社が労災を使用すると嫌がる?というデメリットについて

Categories: 労災保険

Tags:

季節外れの3月の雪

No Comments

3月に都心でも雪が降りました・
上空に強い寒気が入り込んだ影響で、県内では29日、気温がぐっと下がり、東部を中心に降雪を観測した。御殿場市には大雪警報が発令され、午後5時現在で17センチの積雪を観測。雪のため同市内では自動車の追突事故が相次いで起きるなど交通が混乱した。静岡市内でも雪を観測し、1941年の観測開始以来、降雪が最も遅かった58年3月29日と日付が並んだ。
 御殿場市では29日夜まで雪が降り続いた。御殿場署によると、物損事故や追突事故が50件以上起き、少なくとも7人がけがをした。
首都高も一部規制が入ったようです。
 東名高速道路は同日午前11時38分、富士市の富士インターチェンジから神奈川県境まで50キロ規制をかけた。県警高速隊によると、この雪で追突事故が少なくとも5件発生したという。御殿場市と裾野市をつなぐ有料道路「箱根スカイライン」も通行止めとなった。
 一方、最高気温が12・0度と2月下旬並みの冷え込みとなった静岡市では同日午後3時ごろから約20分間、みぞれや氷の細かい粒が降る「雪あられ」を観測した。
雪見桜ですね。
<毎日>

7台玉突き事故

No Comments

熊本県で起きた交通事故のニュースです。
9日午前0時10分ごろ、富合町志々水の国道3号で、鹿児島県霧島市隼人町の運送会社運転手、永岩幸春さん(46)運転の大型トラックが、信号停止中の甲佐町の運転手、中嶋太郎さん(40)運転のトラックに追突した。中嶋さんのトラックは弾みでその前にいた乗用車に追突し、計7台の玉突き追突事故となった。
7台もお玉突き事故は初めて聞いた。1台が原因で全部で7台も犠牲に合うなんて信じられない。
宇城署によると、永岩さんが首などに重傷を負い、前にいた6台の9人が首などに軽いけがをした。永岩さんは「(前の車に)気付くのが遅れた」と話しているという。前方の信号が赤に変わった直後だったとみられる。死者が出なかったので良かったが、本当に巻き込まれた人は悲惨だし、やってらんないと思った。本当に気をつけて運転をしてもらいたい。
(毎日新聞)

詐欺の交通事故で逮捕

No Comments

交通事故の詐欺についてのニュースです。
交通事故を装って保険金を詐取したとして、県警組織犯罪対策課や八戸署などは23日、指定暴力団山口組系組員、柴田貴弘容疑者(30)=東北町大浦堀ノ内=ら4人を詐欺容疑で逮捕した。ほかに逮捕されたのは▽東北町上野山添、介護施設アルバイト、和田栄一(29)▽六ケ所村倉内の建設作業員の少年(19)▽東北町大浦一本松、飲食店経営、相内正治(42)――の3容疑者。
4人で仕組んで交通事故を起こすとか本当にありえないですね。被害者と加害者が共謀している交通事故ってないですよね。
調べでは、柴田容疑者らは自動車の交通事故を共謀して計画。2月22日午後5時50分ごろ、東北町の町道で、少年が運転し柴田容疑者が助手席に乗った車に、和田容疑者運転の車が追突事故を起こした。柴田容疑者と少年は「首が痛い」と言って十和田市内の病院に診断書を作成させ、3月上旬~6月上旬、東京都内の損害保険会社から9回にわたって保険金名目で計約190万円をだまし取った疑い。いずれも容疑を認めているという。
保険会社を騙してお金を取るなんて本当に許せないですね。こうゆう人達が捕まって良かったと思います。
(毎日新聞)

格闘家 所交通事故に合う

No Comments

交通事故に関するニュースです。
 「DREAM.5」(21日、大阪城ホール)に参戦予定の所英男(30=チームゼスト)が、東京都町田市で乗用車を運転中に追突され、腰椎(ようつい)に1週間のけがを負っていたことが17日、分かった。
運転中に追突されるとはかなり災難ですよね。1週間の怪我だったから良かったものの。
警視庁町田署の調べによると、所は16日の午後2時20分ごろ、町田市鶴間の国道16号を車で走行中、後方を走っていた八王子市の男性会社員(28)が運転する乗用車に追突された。所の車もはずみで前方に停車していた車に接触し、三重追突事故となったという。
はずみで追突されるとか本当に運が悪いですよね。追突された方は相当驚いたと思います。
事故当時の現場は渋滞中で、所に目立った外傷などはなかった。しかし5日後に試合を控えていたこともあり、DREAM主催者は「大事をとって精密検査を受けたと聞いている。検査結果が出ていないために出場の可否などについては何とも言えない状況だが、所本人は『大丈夫。出たい』と話している」という。
試合を控えてるのに事故に合うと精神的にもこたえますよね。試合出来るようなら頑張って欲しいです。
(ニッカンスポーツ)

交通事故:車が2台次々追突して男性3人が死傷_死亡事故

No Comments

(死亡事故発生です)
27日午後9時25分ごろ、安中市松井田町入山の上信越自動車道下りの浅間山トンネル付近で、道路左側に停車していた長野県佐久市鳴瀬、中山さん(52)の乗用車に11トントラックが追突。後続の長野市川合新田、古物商、本藤さん(41)の乗用車がトラックに追突した。
(追突事故は過失ゼロです)
中山さんの車に同乗の佐久市塚原、会社員、深町さん(55)と本藤さんが頭を強く打って死亡。中山さんも頭に重傷を負った。
 県警高速隊はトラックの東京都足立区舎人5、運転手、倉石容疑者(58)を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕し、同過失致死傷容疑に切り替えて調べている。「ぼんやりしていて車に気付くのが遅れた」と供述しているという。
 調べでは、現場は緩い右カーブ。この事故で松井田妙義―碓氷軽井沢インターチェンジ(IC)間が約5時間通行止めとなった。【毎日】

交差点での交通事故ワースト

No Comments

(宮城県での06年の最多交差点交通事故です。)
人身交通事故が最も多発した交差点は仙台市若林区の六丁目交差点だったことが、日本損害保険協会東北支部(仙台市)の調査で分かった。事故の多いワースト10はすべて仙台市内の交差点だった。
(バイパスはスピードが出ているので。。。)
 ワースト10の交差点と、発生件数は地図の通り。六丁目交差点は国道4号仙台バイパスと県道が交わり、県道からバイパスに左折する自動車が、バイパスの横断歩道を渡る歩行者や自転車をはねるケースが多い。
(合流は危ないですね。)
 2番目に多いのは、太白区の鹿又交差点と若林区の箱堤交差点だった。鹿又交差点は、バイパスに合流する市道で車の追突事故が目立つ。箱堤交差点は、右折車と直進車の衝突や、追突の頻度が高い。
(やはり制限速度は守りましょう)
 ワースト10の中にバイパスの交差点が4カ所あり、支部は「交通量が多く、車線も広くて速度が出やすいのが多発の原因」とみている。
(交差点は危険地帯です。)
 県内で06年、交差点および交差点付近で起きた人身事故は8157件で、人身事故全体(1万3632件)の59.8%を占める。

車4台が多重事故 1人死亡、5人重軽傷・京都縦貫道・沓掛IC 

No Comments

(追突事故です)
18日午後4時ごろ、西京区大枝沓掛町の京都縦貫道沓掛インターチェンジ出口付近で、野菜などを積んで走行中の2トントラックが、前を走っていた別の2トントラックに追突。さらに、そのトラックが前方の軽乗用車2台に相次いで衝突した。
(一番後ろが基本賠償交渉を行います)
野菜を積んだトラックの助手席にいた奥村さん(23)=亀岡市=が間もなく死亡し、運転していた奥村さんの父(49)=同=が重傷を負った。軽乗用車の運転手ら4人は軽傷。西京署が事故の原因を調べている。
 この事故の影響で、現場付近の道路に野菜などが散乱し、大渋滞となった。【毎日】