死亡の場合の逸失利益の計算方法~自賠責保険

[記事公開日]2011/01/13
[最終更新日]
自動車事故戦略サポート

交通事故で被害者が死亡した場合に、「もし生きていたらどのくらいの利益が得られたか」という問題が発生します。利益とは労働の対価として得られる収入のことです。この失われた利益を、専門用語で「逸失利益」といいます。

交通死亡で被害者が死亡した場合の逸失利益の計算方法は、下記のとおりです。

収入×(1-生活費控除率)×中間利息控除数
*中間利息数とはライプニッツ係数のことで、本来は分割して受け取る収入を一括で受け取るために、
年5%の利息を複利で差引くための係数です。

生活控除率とは、死亡すると本人の生活費が必要なくなるので、それを差引くための数字です。ほとんどの場合、下記の通りの割合で、生活控除率が逸失利益より差引かれます。

被扶養者がいる場合・・・収入の35%が控除
扶養者がいない場合・・・収入の50%が控除

また、収入の算出には、下記の3点を使用します。

1、死亡一年前の収入
2、年齢別平均給与
3、全年齢別平均給与

有識者・・・1と2のどちらか多い方。35歳未満は1と2と3をくらべて高いもの。
幼児、学生、家事従事者・・・3で計算。58歳以上は2と3を比べた高い方。
無職者・・・2で計算。ただし3の金額が上限。


各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

3 コメント on “死亡の場合の逸失利益の計算方法~自賠責保険

-
Top