免責の3条件 被害者に自賠責が出ない!~加害者が無責とされる場合~

[記事公開日]2011/02/02
[最終更新日]
自動車事故戦略サポート

自賠責保険(共済)は、交通事故の被害者保護を目的として成立した法律に基づいて作られた交通事故の損害賠償(人身)を補償する制度です。「被害者保護」という観点から、様被害者に有利な様々な決まりがあります。被害者に有利な自賠責でも、場合によっては自賠責保険(共済)からの支払が行われないときがあります。それは自賠責3条に定める条件、いわゆる無責の3条件を加害者が立証し、クリアした場合です。

※自賠責で加害者とは、「怪我を負わせた方」という意味で、良い悪いの過失割合は関係ありません。反対に被害者とは、過失割合に関係なく「怪我を負った方」となります。

自賠責の無責の3条件その1

自己及び運転者が自動車の運行に関して注意を怠らなかったこと

法律を守り、一般的に要求される注意義務を怠らなかった場合です。たとえば、信号待ちで停車中のA車に、B車が突っ込んできてB車の運転手が負傷した場合のA車です。この場合、A車にはなんの落ち度もありません。つまり、法律を守り一般に要求される注意義務を怠らなかったことになります。

自賠責の無責の3条件その2

被害者又は運転手以外の第三者に故意または過失があったこと

故意とは、被害者が自殺や当り屋の場合などです。また、自分以外の者のせいで加害者になた場合には過失が無かった事になります。例えば、A車がB車に信号待ちで追突されて、前のC車につっこんだ場合のA車です。この場合は、A車がC車に追突していますが、それはB車によるものなのでA車に過失はありません。

自賠責の無責の3条件その3

自動車の構造上の欠陥又は機能の障害がなかったこと

この条件は、車検や定期点検を行っていればクリアしていると思われます。ただ、保有者が日常の整備点検によって発見できないものも含むとされています。良しとされるのは、機械工学上の経験と知識によっても発見できないような不具合で、交通事故を起こした場合です。

これら無責の3条件を加害者側が立証しクリアした場合には、被害者に対して自賠責保険金は支払われません。

また、傷害事故の場合には、7割以上の過失で20%の減額がなされ、死亡事故の場合には、被害者の7割以上の過失で2割の減額、8割以上で3割の減額、9割以上10割未満で5割の減額がなされます。


各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

16 コメント on “免責の3条件 被害者に自賠責が出ない!~加害者が無責とされる場合~

  1. 御質問宜しくお願いします。
    私、歩行者です。
    相手は走行中の車です。
    現場は道端は車1台がやっとの一車線で両方に路側帯があり普通車は普通に走っていても両路側帯をはみ出して走る道での事故です。
    私はその狭い道沿いにあるマンションの住民で夕方マンションから自転車を押して狭い道を出ようとしたら右側から走行してきた、車に接触しそうになり避ける感じで転倒しました。
    すぐに警察を呼び相手の車の接触などを調べましたが、ホコリなどが取れてなく。接触はしてないと言われました。後日診断書を出して人身事故。診断書は7日の加療です。警察から相手の処分とか色々と聞かれました。
    後日、事故証明を取り人身事故と記載されておりました。公安が発行する事故証明です。
    そこで質問ですが、いわゆる非接触事故は自賠責保険に適用しますか?相手と連絡が取れず現在、被害者請求をする方向で進めております。宜しくお願いします。

    1. >いわゆる非接触事故は自賠責保険に適用しますか?

      はい。接触をしていない交通事故でも、自賠責は利用できます。

  2. 赤信号の停車中に追突事故にあいました。
    翌日、頭痛と手足の痺れが出たので病院にいきました。
    警察にも人身事故として処理をしてもらっています。

    しかし、相手側が軽微な事故であるといいだし、事前調査を
    入れるといわれました。
    私としても心外な展開ではありますが、調査にも協力しました。

    事故以降結果が出るまでは一切保険の面倒が見れないと
    いわれたので(痺れが残るのが怖かったので)自費にて通院して
    いました。

    事故から約半年。

    自賠責の結果が出たと連絡(電話)があり結果は
    加害者の『無責』

    その理由開示を求めても、「支払わない理由は社内調査と
    自賠責の無責の結果を反映して」という書面ならだせるが
    自賠責の判断の内容などの書類の開示はできないといわれました。
    どんな書類を出したかも教えてはもらえないそうです。

    ADRに連絡をして書類の開示を求めるようには手続きしましたが、
    無責の3要件をどのようにクリアするような書類を作成したのかが
    不思議でなりません。
    私はだまされているのでしょうか・・・。それもと自賠責は私を
    見捨てたのでしょうか?
    症状と不安と戦ってきた半年が、本当にむなしいです。

    1. 事故と怪我の因果関係を立証すれば認めてもらえるとは思いますが、こういった場合は弁護士に相談するのが一番よろしいかと思われます。

  3. 信号待ちにて追突されました。
    ガチャンという大きな音とともに身体が前に持って行かれました?膝の上に置いていた荷物が落ちました。

    翌日痛みがでたので病院へ

    しかし、加害者がクリープ現象でぶつけた。ケガをするはずがない。と言われました。そこで加害者側保険会社が調査会社を入れ因果関係を調べるといわれ、調査もうけ自賠責保険からの事前調査のただいま結果待ちです。

    今は自費で病院へ通っています。
    健康保険も第三者行為の届け出はできない(因果関係が明確でないため)と保険会社に言われ、普通に健康保険を使用するよう言われています。

    こんなに身体に異変がでているのに関わらず、否認されること事があるのでしょうか?

    1. 自覚症状だけでは何ともいえませんが、検査にて他覚的な所見がありそれが事故によって発生したものと認められるのであれば、否認される可能性は低いと思われます。

  4. 信号機のある交差点での衝突事故です。加害者は2人とも青信号と言ってます。
    私は助手席に乗っていて怪我をして病院に70日通院しました、私の同乗していた車の運転手は無免許でした。相手方の任意保険は使えないといわれたので、相手方の自賠責に請求しましたが、2か月が過ぎても連絡がありません、自賠責が下りないことでしょうか?

    1. おそらくこのような交通事故では、自賠責で事故状況について詳しく調べているものと思われます。
      刑事記録を取り付けることもあり、この場合数か月は待たされることが多いです。

      1. 回答有難うございます。今だ、何の連絡もありません。自賠責は支払われない事もあるのでしょうか?

        1. もちろん、自賠責が支払われないという事はあり得ます。それはご存じのとおり、自賠責で加害者が無責と判断された場合です。

        2. 回答有難うございます。私の場合は相手方と同乗していた車の運転手の2人が加害者となりますよね。今は相手側の自賠責に請求してるのですが、支払いがされなかった場合、同乗していた方の自賠責に請求をしても同じ結果になりますか?自賠責菓子は割れない場合は通院していた費用は自腹になるんですか?
          度々すいませんがよろしくお願いします。

          1. 相手が無責となれば、こちらが有責となるので、同乗者の自賠責に対しての請求は成立するものと思われます。

            もし、運転供用者など何らかの理由でこちらの自賠責でも支払いがなかった場合は、自賠責からの通院費用の回収はできない事になります。

        3. 回答有難うございます。今の状況で同乗者の自賠責に請求をしても良いですか。

          宜しくお願いします。

-
Top