運行とは? 運行中以外の事故にも自賠責保険の適用がある!

[記事公開日]2011/02/09
自動車事故戦略サポート

自賠責保険が適用されるのは、「運行によって他人の身体を害したとき」です。では、この運行とはどういう事をさすのでしょうか。

「運行」と、ちょっと聞いただけでは「運転?」と、思いがちです。しかし、自賠責上の運行とは、一般的な運転のみだけならず、かなり広く捉えられています。例えば、クレーン車のクレーンを操作中の交通事故にも自賠責保険の適用があると聞くだけで、その適用範囲の広さがわかります。 これは、なんとか被害者の保護をしたいという、自賠責保険の理念の表れでもあります。

現在は、この「運行」に当るのか当らないのかについて、いくつもの判例などの積み重ねにより「固有装置説」というのが一般的になっています。固有装置説というのは、自動車の固有の装置の操作も「運行」に含まれると考えることです。例えば、

・ミキサー車のミキサーの回転
・フォークリフトのフォークの操作
・シャベルローダーのシャベルの操作

このような、駐停車中の特殊自動車の特殊装置の操作による事故にも、自賠責保険が適用されます。この他にも

・ドアの開閉
・荷おろし中の事故(場合による)
・牽引走行中
・サイドブレーキの緩みから坂を走り出した場合
・鉄筋の積み下ろしの際に歩行者に怪我を負わせた時

などに、自賠責保険の適用があります。

逆に運行に当らないとされたものは、

・農薬散布中のホースにつまずいて転倒した場合
・移動図書館で転倒し、観覧台の角にぶつかって負傷した場合
・駐車中の車内で、幼児が熱射病により死亡した場合
・故障で路上に駐車後、数時間後に原付が衝突した場合

などで、いずれも自動車の固有の装置ではないこと、運行と相当因果関係がないことを理由に否定されています。


各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-
Top