有給休暇を使っても休業損害は請求できる。

31 Comments

有給休暇を使って交通事故の受傷の治療を行う。

このようなことは良くあることです。なぜなら、交通事故の受傷でもって会社を休んでも有給を使用すれば給料が出るし、通常は取りづらい有給を交通事故という大義名分で取得できるからです。有給

しかし、有給休暇をとってしまっては、現実に減給は発生せず、加害者からの休業損害(補償)が受けられないのでは?と心配される方がいます。

現在、交通事故の実務では、有給休暇を使用した場合でも休業損害が発生したこととし、補償をすることになっています。確かに、有給休暇をとった上でさらに休業補償をすると、二重に収入を得ることができるので被害者は得をするように思えます。
 
しかし、交通事故が発生しなければ、有給休暇は娯楽などのほかの理由で使用できたにもかかわらず、交通事故という予想外の出来事で有給を消化をせざるを得なかったとも言えます。現在ではこの考え方が定着していて、有給を使用し休業損害を請求しても、保険会社も異議を述べることはありません。

Categories: 休業損害

31 Replies to “有給休暇を使っても休業損害は請求できる。”

  1. 有給休暇を使った場合は提出する資料は何があるのでしょうか。
    会社にそのようなものがなく困っています。

    1. 休業損害証明書を使用することになります。交通事故専用の用紙があります。

  2. 帰宅中に追突事故に遭い、翌日予定されていた休日出勤を取りやめて通院しました。翌々日からは大型連休で休日(5連休)、連休明けから職場復帰というケースの場合、休業損害証明書にはどのように記載するべきなのでしょうか?

    通院:事故当日と翌々日
    入院:なし

  3. 3年6か月勤務した会社で週休は殆ど休みがなく、有給休暇ももらえない状況でした。退職しました。その際、2年分の有給休暇はもらいました。
    週休の分を請求できますか

  4. 交通事故にあい有給休暇を取得しましたが休業損害請求をする予定です。
    この休暇は本来の事故での休暇のみで通常の自分の都合の休暇分は
    請求できませんか?

    1. 都合の休暇分にかんしましては請求できないことが多いですが、もし実際に通院などで損害をうけてしまった場合は請求できることもございます。

  5. 運送会社の者ですが、乗務員がトラック配送の勤務中に他のトラックに追突されトラックが大損害を受け1か月半の修理となりました。乗務員には怪我はありませんでしたが、トラックが無いため働くことがその間できませんでした。当社は歩合制なので、休むと給料が出ません。相手の保険会社に休業補償としてトラックの3か月分の運賃の平均値を出して、そこから使わない燃料費を除いて請求しました。もちろん乗務員の3か月の給料平均も出して請求しました。結果は相手の保険会社は動かせなかった3か月期間の運賃収入の平均は支払うが、乗務員の給料は除くとの回答がありました。乗務員の休車の間の給料は誰が払うのかと聞いても曖昧です。絶対取らなければいけないと思うのですが、この考え間違っていますか、本当に給料は含まれないのでしょうか

    1. 本来トラックから生じるものが補償されたのであれば、その補償の中から歩合の部分は支払われるものだと思われます。これは、元々、歩合がトラックから生じるもの(運賃)から支払われている事からです。

  6. 3ヶ月前に、転職のため退職届を提出。退職2週間前からは、求職活動の為、有給消化で休む手はずだったが、
    退職日3週間前の会社から自宅に帰る途中に、後ろからの追突事故。
    首、背中、腰、肘から上の腕に痛み。
    年次有給で金曜日を休み、土・日・月(祝日)・年次有給で火曜日も休んだ、いったん出社し始めたが、有給消化中の2週間は、痛みのため求職活動も出来ず自宅療養・リハビリのまま退職日を迎えた。退職したら労災は?休業補償は?退職2週間前の有給分は補償の対象にはにはならないのでしょうか?
    どうなるのでしょうか?

    1. ・働く意思と能力をもっていて、就労の蓋然性がある場合は、事故によって働けないと判断できる期間の休業損害は請求可能です。

      ・労災は退職しても引き続き使用が出来るのが原則です。

      ・労災の休業補償は最初の3日間は対象外です。

  7. 事故に遭い、有給を消化しながら通院してます。職場復帰して通院しながらでも休業損害は請求し、支払ってもらえるのでしょうか?

    1. 仕事をしながら通院を行い、そして休業損害を請求できるのは、通院を理由とした遅刻欠席早退があった時に減給(有給)が発生する事が条件です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です