代車費用について

[記事公開日]2009/07/10
[最終更新日]
自動車事故戦略サポート

交通事故で車両を修理又は買換える間に、代車を使用することがあります。この場合に「代車費用がどれくらい認められるのか」といった問題があります。この場合、代車の必要性と相当性が問題となります。

代車の必要性
代車費用が認められるためには、その必要性が無ければなりません。例えば、日常生活に必要不可欠な場合、営業用に使用していた場合などは認められますが、被害者が他に自動車を保有している場合は、その車が被害車両の代わりを果してくれるので、代車は認められず、個別事情により代車の必要性が認めれ無いときには、公共交通機関の費用の限度で損害が認められるに過ぎません。

 

代車費用の相当性
代車費用は無制限に認められるものではありません。たとえ、高級車が被害にあったとしても、それと同様の代車費用が認められるものではありません。大体が被害車両のワンランクかツーランク下の車のレンタル代が認めらるのが通常です。ただし、被害車両が高級外車であったとしても、認められるのは高級外車のレンタル代ではなく、それより低額な国産高級車の限度です。

実務での代車費用は国産車で5000円~1万5000円、外車で1万5000円~2万5000円程度が多いです。

代車の使用期間
代車の使用期間については、修理が可能ならばその修理期間、買換えが必要ならばその買換えに要する期間です。しかし、実際に使用した期間が認められるので、修理日数がそのまま認められるわけではありません。

全損で買換えが必要な場合に認められる代車期間は、2週間から1ヶ月です。(実務の多くは2週間)

下記にて代車費用についての裁判例を紹介します。

ロールスロイスの代車について、国産高級車クラスの一日2万円で80日間認めたもの(東京地裁H8年5,29)

ベンツの代車費用として、会社所有のボルボの代車費用を一日につき5000円を認めたもの(神戸地裁H8、9、20)


各種お問い合わせ

戦略 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

18 thoughts on “代車費用について

  1. 2017年11月 友人(Tさん)の車を運転していて事故を起こしました。状況は、同乗のTさんは怪我。車は自損で12月に私の契約保険会社から全損の通知がTさんにされました。
    質問の内容は、代車ことです。
    ・代車代は、私の保険が使えませんでした。よって私が支払うことになります。
    ・Tさんは、自動車修理会社から代車を借りています。
    ・保険会社からTさんへの全損通知の際、代車の使用期間は2週間と説明しています。
    ・1月にTさんから請求内容が写真できて期間が32日、1日3,000円(プラス消費税)できました。期間は、こちらが提示したものとは、異なりました。
    ・Tさんからは代車は今後も使用するとのでしたのでこの先ずっと請求が来ると思われます。
    ・保険会社からTさんとその弁護士へは示談書を送っていますがいまのところ返答なしです。
    正当な代車使用期間を確定するためにどのようなことをすればよいでしょうか?

    1. 実際の交渉期間と新しい車両の購入期間を合わせた期間が、相当な代車使用期間といえます。11月の事故から12月の全損確定までの期間(通常よりも長い期間を要したなど)によって、2週間以上が代車使用期間になることがあります。

  2. 8月19日、渋滞で停止中に後ろから追突され、その勢いで前の車に追突しました。車は、全損、古い車でしたので時価額13万、車を買うため見積もり書を相手方保険会社にFAX(FAXしてくださいと言われたので)経費で認められたのは
    登録代行費用、検査登録だけ。
    しかも、代車は、9月6日に、返してくださいと
    1ヶ月は認められるはずですと言っても、購入した店から代車を出してもらって下さいの一点張りです。

-
Top