交通事故損害に対する修理はしないけど、修理費はもらえるか? 

[記事公開日]2009/12/12
[最終更新日]
自動車事故戦略サポート

交通事故の賠償は「金銭による賠償」が原則です。

交通事故、物を弁償するときの賠償金

交通事故が発生して「事故により車両や物が壊れた場合」は、事故によって損害を被った物を元に戻すための費用が加害者の負担となります。もしも、その修理費が破損した物の時価を大きく超えるようなら、時価額を以って賠償は完了となります。

破損したモノの代わりに金銭を受け取る

では、修理費だけを頂いて修理をしない事は可能なのか?

結論から言うと、可能です。

交通事故の損害賠償は、金銭で行うのが原則です。交通事故に限らず損害の賠償は金銭でおこないます。これは民法で定められています。加害者は壊れた物の修理費を金銭で支払う事によって不法行為責任から逃れるのであって、相手方がその修理費をどのように扱うかは関係ありません。

なお、実際に借りていない代車費用は請求できないので、車輛を修理しない場合には代車代は請求できません。


各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

85 thoughts on “交通事故損害に対する修理はしないけど、修理費はもらえるか? 

  1. 初めて失礼致します。
    交通事故というわけでは無いのですが……
    工事現場のすぐ近くに駐車していたら、工事最中に機材か何かで車を傷つけられてしまい、ディーラーにて見積りしました所、約10万円のお見積でした。相手方に伝えた所、保険では無く、会社で負担するという事です。
    しかし、修理工場の請求書が必要なのと、修理工場にしか振込出来ない。現状復帰が前提の為、個人にはお支払い出来かねる。の一点張りです。
    こちらとしては、直すも直さないもこちらの自由だと思うのですが、(ちなみに傷は付いているものの気にしないレベルです。)
    こちらの要望としては、見積り金額を当方に振り込んでいただき、修理はしなくても良いと考えております。こういった場合は法に触れてしまったり、応じるしか無いのでしょうか。
    こちらのサイトの交通事故や保険とは少し論点がずれますが、アドバイス頂ければ、幸いです。
    よろしくお願い致します。

    1. 罰則のある法に触れるということはありません。ただ、相手の主張は間違っており、原状回復は金銭賠償を原則としている民法の規定に反していると思われます。

      1. ご返答いただき、ありがとうございました。
        やはり金銭で貰うことは法律でも問題無さそうですね。相手方の会社の規律で、決まっているとか何とかで…。
        どうにか話を付けたいものです……
        この度はアドバイスありがとうございます。

        1. 会社の決まりは全く関係の無いものです。会社の規則は、その会社の者だけを規律することができ、部外者にその力は及びません。

          1. 再度のコメントありがとうございます。感謝致します。
            そうですよね、会社の規則をこちらに押し付けられても困りますね……
            あくまでこちらは被害者ですのに…
            どうにか相手方に支払いさせるべく、法律を駆使して納得させたいものですが……
            自動車保険の弁護士特約も視野に入れて検討したいと思います…

  2. 失礼します。
    10対0の物損事故で相談なんですが。
    加害者が修理箇所の修理前と後の写真を撮ってらしてくれと言われたのですが、今回、この記事を読み修理しないことに決めたのですが
    加害者は修理しないなら払えないと言っております。どう対応したらよいですか?

    1. 法律上こちらに与えた損害分の支払は行ってくださいと説明し、納得していただく必要があると思います。金銭賠償が原則なので、修理後の画像の要求は何か特別な事情が無いかぎり通りません。

  3. はじめまして。この記事の通り、修理費を貰い修理をしないつもりなのですが、相手方が修理費は出すが壊れた部品と新しい部品を並べた写真、ビフォーアフターの写真を要求しています。このような場合、何か良い交渉方法はないでしょうか?
    ちなみに相手はタ○シー業者で任意保険未加入、過失割合は当方0相手100です。

    1. その修理費用が、全損価値を超えていなければ「壊れた部品と新しい部品を並べた写真、ビフォーアフターの写真」は必要ありません。そのような証明を求めるのは、もしかしたら実際に修理を行う前提で認めた費用が有るのかもしれません。そうでなければここの記事通りの説明で足ります。

      1. 御回答ありがとうございます。修理費用は、全損価値を超えていません。実際に修理を行う前提で認めた費用が有る場合は、修理費を貰い修理をしないことは不可能になるのでしょうか?よろしくお願い致します。

        1. タクシー会社の場合、嫌がらせとしてそういったことを言ってくる業者がいます。修理後の写真の提出、無視できることです。

  4. 過失がゼロの全損に近い事故ですが新車を買って二年位なので修理をせずに新車に買い替えを考えています。少しでも購入費用の足しになればと思い相手の保険会社へ修理代を請求し同時に自分の加入している車両保険へ修理代の請求し受け取ることは可能ですか?

    1. 「修理代を請求し同時に自分の加入している車両保険へ修理代の請求」というのは可能な場合もありますが、いずれの場合であっても金額の2重取りはできません。

  5. うちの子供が運転する自転車と車の接触事故で、路外施設?からうちの子供が出てきた直後ということもあり過失割合3(うち):7(相手)となりそうです。相手の車はもともとボロボロで車両保険にも入っていないみたいですが、修理費用は請求してくるようです。
    どうもお金だけ請求されて修理はしそうにないのですが、修理の有無に関係なくこういう場合でも過失割合に応じて請求された額を払う必要があるのでしょうか?

    1. 修理の有無にかかわらず、損害は責任に相当する金銭によって賠償する事となります。

  6. 信号待ちで止まっていた私の車の側面をぶつけられました。10:0で修理費は向こうの保険で賄われることになりました。修理見積もりは18万円です。私は自分の車も古いし(平成12年)その修理費を新車の購入資金に充ててもいいかなと思いました。そこで相手の保険に聞いてみたのですが修理するなら18万だすが、現金受取りならその車の価値が10万2千円しかないので10万2千円しか出せないといわれました。こういうものなのでしょうか?何故決まっているはずの修理費がもらえないのでしょう?教えて下さい。よろしくお願いします。

    1. 車の時価額を調べて見なければわかりませんが、一般的に修理金額が車の時価額を超えてしまう場合には修理代金を満額受け取ることができないのが通常です。もしかして、車の時価額が安く設定されているためにこのような状況になっているのではないかと推測されます。

  7. 5月18日に事故して、物損に対する示談は双方の保険会社で 6月26日に終わりましたが振込がないため先週、相手の保険会社にいつ振込むのか聞いた所、28日に入金すると言って、電話しても処理はしていない様子でした。病院には、まだ通院中です。全損なので車の買い替えの代金も払わないといけないのにどあうしたら振込ませる事が出来るのでしょうか?

    1. 7月28日に入金手続きをすると言っていたと思います。
      実際に入金が確認できるのは2.3日後です。

-
Top