後遺症で仕事、家事ができなくなった。やりにくくなった。(逸失利益)

[記事公開日]2010/12/25
[最終更新日]
自動車事故戦略サポート

交通事故の後遺症が原因で、仕事や家事が正常に行えなくなる場合があります。これに対しては、後遺症の慰謝料とは別に逸失利益という賠償金を算定します。算定方法は、後遺症等級に該当する労働能力喪失率をもとに年収から算定されるのが一般的です。

例えば、年収1000万の被害者が、5級の後遺症に認定されたとします。
すると79%の労働能力を喪失したとされますので、

1000万×79%=790万

となり、790万円が損害金として算定されます。これが逸失利益です。

この、この790万円は、労働可能年数分認めれます。
労働可能年数が10年なら、

790万×7,722(ライプニッツ係数)=6100万3800円

となり、6100万3800円が逸失利益として算定されます。ライプニッツ係数とは、中間利息を控除するときに使用する係数です。

ただ、実務では、その症状により年数の増減が行われたり、年数を区切って喪失率を低減させたりする方法が取られるのが一般的です。

交通事故後遺障害・裏・等級認定戦略サポートのサイト


各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

6 コメント on “後遺症で仕事、家事ができなくなった。やりにくくなった。(逸失利益)

  1. はじめまして。
    昨年9月に事故に合い私の方は過失ゼロで現在も通院中です。
    そろそろ、示談などの話も相手の保険屋さんからあるかとおもうのですが、いまだにムチ打ちの症状も良くならず、仕事、家事が事故以前の様にはできません。示談もプロ相手に素人では…と思い、第三者にそうだん、場合によっては交渉をお願いしたいのですが、どうしたらよのでしょうか。

    1. 賠償金の交渉は、基本的に賠償の対象とする通院が終わってから(症状固定)始めます。よって現状で交渉の必要性は小さいです。

      ただ、この先に来るであろう最終的な話合いや後遺障害の申請のために、予め準備((交通事故で準備したい事)をしておくことは今からでもできます。

      具体的には、状況によりケースバイケースになりますので、詳細を伝えて継続的に相談ができるところに連絡をするのがよろしいかともいます。

  2. 初めてメールさせて頂きます。私は介護職員として働く49歳、男性です。5月13日に信号待ち、停車中に前方より車がバックしてきて追突され、事故処理中に意識モウロウになり救急車で搬送されました。車中で血圧が200あったとの事。搬送先は個人の整形外科。うちは五時までだから、誰か迎えに着てとの事で、湿布薬のみで返されました。翌日より自宅近くの病院に通院していましたが、事故後40日目にして職場復帰せねばならず、今は一時間通勤して職場付近の整形に通院しています。最初の病院の医師には、ほっとけば治るといわれましたが(頚椎捻挫および腰椎捻挫と診断されていました)、首、肩、頭痛が酷く39日も仕事に復帰できずにいました。今通院している医師とは関係良好ですが、MRIでは若干の歪みはあるも、特別に異常はないとのこと。昨日保険会社より今月いっぱいで治療を打ち切らせて頂くとの事(事故の状況からして症状が重過ぎるから)。         会社にも退職願いを一旦出したのですが、給料を余分に出すからといわれ、継続して勤務する事になりました。休みたいけど無理して働いている状況です。通院しながらでないと、今の職場で働き続けるのは厳しい状況です。
     余分に給料をもらう(11月位まで)のはやめた方が良いのか。先生のサイトを見て、慰謝料がもらえなくなるとの事、も悔しいです。後遺症の認定はまだです。御急がしとは存じますが返信宜しくお願い致します。敬具
     

    1. 「余分に給料をもらう(11月位まで)のはやめた方が良いのか」という事については、慰謝料がもらえなくなることはありませんので何も問題ございません。今回に限って言えば、給与が増えたことは特別交通事故に影響が出るものではないと思われます。

  3. 後遺症損害認定されなかったのですが!

    まだ、鞭打ちの後遺症がのこってます。

    どうしたらいいですか?

    1. 後遺症が後遺障害等級に該当しないと判断された場合は、異議申し立てを行うことになります。
      ご参考 http://www.senryaku.info/koui-4-504

-
Top