後遺症に応じて生じた自動車や家屋改造費は請求できるのか?

No Comments

交通事故による後遺症が発生した場合に、自動車や家屋の改造が必要になる場合があります。車椅子ならば、段差をなくしたり、リフトを付けたり、右足切断ならば、左足で運転できるように車を改造する必要があります。このような費用は、相当程度の実費を請求することができます。

下記が裁判所が過去に認めた事例です

右足を半分以上切断した場合に、その住宅の日本間を洋間に、浴室や便所や台所の配置を改め、滑らないように改善する等の費用を認めたもの。

車椅子でも不便がないように、庭にコンクリートの道を作る費用を認めたもの。

Categories: 後遺症障害

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です