後遺症に応じて生じた自動車や家屋改造費は請求できるのか?

[記事公開日]2010/12/26
[最終更新日]
自動車事故戦略サポート

交通事故による後遺症が発生した場合に、自動車や家屋の改造が必要になる場合があります。車椅子ならば、段差をなくしたり、リフトを付けたり、右足切断ならば、左足で運転できるように車を改造する必要があります。このような費用は、相当程度の実費を請求することができます。

下記が裁判所が過去に認めた事例です

右足を半分以上切断した場合に、その住宅の日本間を洋間に、浴室や便所や台所の配置を改め、滑らないように改善する等の費用を認めたもの。

車椅子でも不便がないように、庭にコンクリートの道を作る費用を認めたもの。

交通事故後遺障害・裏・等級認定戦略サポートのサイト


各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-
Top