Top

裁判

交通事故解決

交通事故ニュースcategory

交通事故ニュース記事一覧

(自賠責保険に対して労災が請求し、被害者も自賠責に被害者請求をした場合は「按分」支払いが行われていました)

交通事故被害者が政府の労災保険の給付では補いきれない損害を受けた場合、加害者の自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)からどれだけ保険金を受け取れるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は27日、保険会社は従来の運用よりも被害者への保険金を増やさなければならないとの初判断を示した。

自賠責保険は加害者請求が優先されます。よって、労災から交通事故に対する支払いが行われたときは、労災(政府)の自賠責請求に支払いが優先されていました。

判決によると、被害者の男性は2013年、仕事でトラックを運転中に軽自動車と衝突し、後遺障害が残った。労災保険から計約908万円の給付を受けたが、なお損害が残っているとして、加害者が自賠責保険に加入していた東京海上日動火災保険に対し、約580万円の支払いを求めて提訴した。

第1小法廷は判決理由で、自賠責保険制度の趣旨を「保険金で確実に損害の補填を受けられるようにし、被害者の保護をはかるもの」とし、保険金を優先的に受け取れないのは制度の趣旨に沿わないと指摘。政府の請求権によって被害者の請求権が妨げられるべきではないと判断した。

【日経】

詳しくはカテゴリーでご紹介します。

  1. 「被害者請求」労災と自賠責の競合請求は自賠責が優先

    (自賠責保険に対して労災が請求し、被害者も自賠責に被害者請求をした場合は「按分」支払いが行われていました) 交通事故被害者が政府の労災保険の給付では補いきれない損害を受けた場合、加害者の自動車損害賠償責任保険(自賠責保険 […]

  2. 判例:信号機の設置に瑕疵があったとされたもの

    信号の設置に問題があった時の責任はどうなるのか

  3. 交通事故:危険運転致傷罪、起訴事実認める 20歳男性被告、地裁初公判で /鳥取

    スピード超過や信号無視などの一定の危険行為での交通事故は、罪が重くなります。  倉吉市内の交差点で昨年9月、危険な運転で女性(当時50歳)に重傷を負わせたとして、危険運転致傷罪に問われた広島県安芸高田市、会社員、多田直樹 […]

  4. 長野原町の交通事故損賠訴訟:無罪男性の請求棄却 「証言は虚偽」退ける /群馬

    ウソの証言は、、、刑事と民事の判決は違うという事です。  長野原町で01年に起きた交通事故を巡り、業務上過失傷害罪や犯人隠避罪などで起訴され、04年2月に前橋地裁で無罪が確定した三重県に住む兄弟が、事故の被害者、目撃者の […]

>