Top

法律系

交通事故解決

交通事故ニュースcategory

交通事故ニュース記事一覧

(自賠責保険に対して労災が請求し、被害者も自賠責に被害者請求をした場合は「按分」支払いが行われていました)

交通事故被害者が政府の労災保険の給付では補いきれない損害を受けた場合、加害者の自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)からどれだけ保険金を受け取れるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は27日、保険会社は従来の運用よりも被害者への保険金を増やさなければならないとの初判断を示した。

自賠責保険は加害者請求が優先されます。よって、労災から交通事故に対する支払いが行われたときは、労災(政府)の自賠責請求に支払いが優先されていました。

判決によると、被害者の男性は2013年、仕事でトラックを運転中に軽自動車と衝突し、後遺障害が残った。労災保険から計約908万円の給付を受けたが、なお損害が残っているとして、加害者が自賠責保険に加入していた東京海上日動火災保険に対し、約580万円の支払いを求めて提訴した。

第1小法廷は判決理由で、自賠責保険制度の趣旨を「保険金で確実に損害の補填を受けられるようにし、被害者の保護をはかるもの」とし、保険金を優先的に受け取れないのは制度の趣旨に沿わないと指摘。政府の請求権によって被害者の請求権が妨げられるべきではないと判断した。

【日経】

詳しくはカテゴリーでご紹介します。

  1. 「被害者請求」労災と自賠責の競合請求は自賠責が優先

    (自賠責保険に対して労災が請求し、被害者も自賠責に被害者請求をした場合は「按分」支払いが行われていました) 交通事故被害者が政府の労災保険の給付では補いきれない損害を受けた場合、加害者の自動車損害賠償責任保険(自賠責保険 […]

  2. 自賠責保険料が3年連続値上げ

    (強制保険が値上がりします) 金融庁は12日、自動車やバイク保有者に加入が義務付けられている自動車損害賠償責任(自賠責)保険の保険料を11年度から引き上げる方針を固めた。交通事故被害者への保険金の支払いが増え、年間200 […]

  3. 脳脊髄液減少症の治療、健康保険使用不可

    たしかに、脳脊髄液減少症でブラットパッチを行っても治癒に至らないケースは多いです。 交通事故などの後遺症で脳脊髄液が漏出する「脳脊髄液減少症」について、赤嶺政賢衆議院議員(共産党)が提出した質問主意書に対し、政府はこのほ […]

  4. 低脳髄の健保適用 まずは事前検査から通達

    ムチウチと思っていたら脳脊髄液減少症でした。ということが多いです。 脳脊髄液減少症は、交通事故などによる強い衝撃で脳脊髄液が漏れて減少することで、頭痛や目まいなどの症状を引き起こす。ブラッドパッチは保険適用ではなく、検査 […]

  5. 低脳髄に朗報です

     「頭痛の原因を診断する検査については、健康保険の対象になるということを、きちっと全国の医療機関にもご理解いただくような周知徹底をさせていただきたい」(長妻昭厚労相) どうしても、脳脊髄液減少症は交通事故で被害者が泣きね […]

  6. 後遺障害の等級変更求め

    高次脳の画像所見がないケースです。 交通事故や転落などで脳に特異な損傷を負う軽度外傷性脳損傷(MTBI)の患者団体「軽度外傷性脳損傷友の会」(東京都江東区、約60人)は8日、細川律夫・副厚生労働相を訪ね、労働災害基準がM […]

  7. 車運転過失致死傷罪を創設、「飲酒」に厳罰の改正刑法成立

    新しい刑事罰です。  飲酒などによる悪質な人身事故を厳罰化するため新たに「自動車運転過失致死傷罪」を創設することなどを柱とする改正刑法が、17日午後の衆院本会議で全会一致で可決、成立した。公布から20日後に施行される。 […]

>