控除しない・被害者がかけてあった生命保険金、搭乗者傷害保険

[記事公開日]2008/01/07
[最終更新日]
自動車事故戦略サポート

被害者自身が掛金を支払い、その対価として支払われるものが生命保険金や搭乗者傷害保険金です。

これについては、損害をてん補するという性質のものでもなければ、商法上控除するような規定もありません。つまり、加害者の支払う損害額からは控除されずに、被害者がその利益を全て受け取ることができます。

しかし、搭乗者損害保険で加害者が保険料を拠出していたような場合では、損害額からの控除ではなく、慰謝料を減額するという形で減額要因になることがあります。


各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-
Top