Top
交通事故戦略サポート > 交通事故ニュース > 交通安全 > 自転車事故:急増 県警、42カ所で一斉取り締まり 今年の死者、もう5人 /香川

自転車事故:急増 県警、42カ所で一斉取り締まり 今年の死者、もう5人 /香川

[記事公開日]2008/03/11

(4月からかさをさしての運転も取り締まり対象です)
増加傾向にある自転車の交通事故を減らすため、県警は10日、自転車の交通違反取り締まりを行った。四国管区警察局内一斉取り締まりに伴うもの。
(自転車事故が急増しています)
 国道11号などの主要道や通学路など県内全域の42カ所で実施。高松市栗林町1の栗林公園前の路上では高松南署員8人が、信号無視をする自転車を見つけ指導警告書を渡すなどして安全運転を呼びかけていた。
(並走も道路交通法で禁止されています)
 2台で広がって走っていて警告を受けた、男子学生(23)は「違反という意識があまりなかったのでびっくりした。事故が多発しているようなので気を付けたい」と反省した様子だった。
 ◇自転車の死者、今年もう5人
 昨年の県内での自転車絡みの交通事故は2195件と10年間で約1・4倍に増加。今年に入って9日現在の自転車による交通事故の死者数は5人(前年0人)と、ハイペースとなっている。【毎日】

戦略
各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-