Top
交通事故戦略サポート > 交通事故ニュース > 法律系 > 後遺障害の等級変更求め

後遺障害の等級変更求め

[記事公開日]2010/04/09

高次脳の画像所見がないケースです。
交通事故や転落などで脳に特異な損傷を負う軽度外傷性脳損傷(MTBI)の患者団体「軽度外傷性脳損傷友の会」(東京都江東区、約60人)は8日、細川律夫・副厚生労働相を訪ね、労働災害基準がMTBI患者にも適用されるよう改正を求めた。
詐病を防ぐ意味でも、画像所見は必要なのですが、、、
 労災基準は磁気共鳴画像化装置(MRI)などで脳損傷が映し出されることが必要だが、MTBIの患者は映らないケースが多く、事実上救済されない。
どういった基準で認定等級を出すのか、これは難しい判断です。
しかし、PTSDも画像所見は得られません。
 患者らによると、細川副厚労相は「よく検討する」と答えたが、踏み込んだ話はなかったという。てんかん発作に苦しむ東京都港区の女性患者(68)は「画像に映らなくても、症状は出ている。切り捨てないで」と訴えた。
<毎日>

戦略
各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-