Top
交通事故戦略サポート > 交通事故ニュース > 交通安全 > 交通安全講座 高齢者を対象に

交通安全講座 高齢者を対象に

[記事公開日]2010/03/30

そろそろ春の交通安全運動が始まります。
春の全国交通安全運動(4月6日~15日)を前に、高齢者対象の交通安全講話が30日、横浜市青葉区の同区役所で行われ、約60人が交通ルールを守る大切さを学んだ。
一週間です・
 青葉署によると、同区内では今年1月以降、322件の交通事故が発生。うち約20%に高齢者が被害者か加害者としてかかわっていたという。2月には、横断歩道を歩行中の86歳女性が直進してきた車にはねられ、命を落とした。
高齢者のの交通事故は多発しています・。
 講話で、青葉署員が事故に遭わないためのポイントをアドバイス。遠回りになっても信号のある横断歩道を利用したり、夜間は体のどこかに反射材を付けたりするよう呼び掛けた。
幹線道でも堂々と渡す高齢者は危ないです・
 同区は男性の平均寿命が日本一高いだけに「今後も高齢者に注意喚起していきたい」と同署。講話に参加した同区老人クラブ連合会の名倉久子会長は、「今日参加した一人一人が、ほかの仲間に伝えることが大事だと思う」と話していた。
<カナロコ>

戦略
各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-