Top
交通事故戦略サポート > 交通事故ニュース > 交通安全 > 交通事故など遺児に支援を・徳島で参加人数140人

交通事故など遺児に支援を・徳島で参加人数140人

[記事公開日]2007/11/19

(交通事故死亡者は年間8000人を切っています。)
交通事故や病気などで親を亡くした国内外の遺児への支援を呼びかける「第33回あしながPウオーク10」が18日、全国各地であり、徳島市でも約140人が参加した。
(こういった運動は必要です。)
 91年秋から年2回開催。歩きながら遺児について考えるともに、参加者から寄付を募る。募金はエイズに苦しむアフリカ・ウガンダや大津波で被害を受けたインドネシア・スマトラ島の遺児らの教育資金に充てるため、あしなが育英会(本部・東京)に贈られる。
(当事務所も募金をします)
 徳島市の徳島中央公園で行われた開会式では、県実行委員長の倉本健次さん(21)=徳島大4回生=が「私も1歳の時、病気で父親を亡くしたが、奨学金を借りて進学できた。海外の遺児が教育を受けて幸せな人生を送ってほしい」とあいさつ。続いて、徳島インディゴソックスや徳島ヴォルティスの選手も加わり、同市内約10キロを歩いた=写真。徳島市北田宮4の会社員、古田朋宏さん(37)は「厳しい環境で頑張っている遺児のために何かできれば」と話していた。【毎日】

戦略
各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-