交通事故で親が死亡した時残された子の為に~交通遺児の救済制度~

[記事公開日]2014/01/09
自動車事故戦略サポート

交通事故によって子を持つ親が死亡した時、残された子供(交通遺児)の支援を行う諸団体の紹介です。

居住地の市区町村役場、町役場福祉事務所
交通事故によって母子家庭となった家庭に対して、児童扶養手当や母子福祉資金の貸付、教育扶助、住宅扶助などを行っています。

各地の公益社団法人 犯罪被害者支援センター
精神的な支え、心のケアを行う民間団体です。付添を無料で行てくれる時もあります。

公益財団法人 交通遺児等育成基金
自動車事故被害者援護財団と合併し、教育資金の援助を行っています。

公益財団法人 交通遺児育英会
経済的困難な交通遺児に対する無利子の奨学金の貸し付けを行っています。

財団法人 道路厚生会
高速道路交通推進財団から枝分かれして設立されたもので、東日本高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社が管理する道路で死亡事故が発生した時の交通遺児に対して、修学資金等の給付や貸付を行っています。

独立行政法人 自動車事故対策機構
交通遺児に対しての無利子貸付などを行っています。


各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-
Top