Top

ソウル 飲酒運転増加

[記事公開日]2008/08/28

ソウルでの交通事故に関するニュースです。
1990年以降、一般の交通事故は減少傾向にあるが飲酒運転による事故は増加をみせており、法的処罰の強化だけでなく教育や広報、飲酒文化などの面でバランスの良いアプローチが必要だとの指摘が出された。
ソウルではそこまで飲酒運転の規制が日本ほど厳しくないのだろうか。交通事故が減少していても飲酒運転が増加していれば結局交通事故に繋がってしまうと思う。
道路交通公団のキム・サング京畿道支部長の論文によると、交通事故の発生件数は1990年の25万5303件から2006年には21万3745件に減ったが、同じ期間に飲酒運転の事故は7303件から2万9990件と4.1倍に急増した。飲酒運転事故による死傷者は1990年の1万1086人から2006年には4万9063人へ4.4倍に拡大した。飲酒運転で刑事立件された人は2006年は34万6977人と、交通事故での刑事立件者数の74.4%を占めている。
飲酒運転での事故件数も死亡者数も約4倍増えている。これは本当に考えなくてはいけないことだと思う。飲酒運転の規制をもう少し強くした方が良いと思った。
(YONHAP NEWS)

戦略
各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-