サラリーマン(会社員)、給与所得者の逸失利益

[記事公開日]2006/06/02
[最終更新日]
自動車事故戦略サポート

交通事故で給与所得者(会社員)が死亡した場合に算定される逸失利益について説明します。

給与所得者、サラリーマンは会社から毎月給料をもらっています。その際発行される明細書や、源泉徴収表などで所得を証明します。原則として事故前の収入を基礎とし、賃金センサスの平均額以下の場合でも、将来平均給与額程度の給与額が得られる可能性が非常に高ければ、それを基礎に算定することもできます。

実務では、35歳くらいまでは賃金センサスを使用して損害賠償を算定することが多いです。なぜなら、自賠責の支払基準が35歳未満の場合には、全年齢賃金平均と年齢別平均賃金を比較してどちらか高い方を採用するからです。


各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-
Top