労災保険とは?

[記事公開日]2010/11/02
[最終更新日]
自動車事故戦略サポート

労災保険とは、労働者が業務中や通勤途中に死亡、障害を負った場合に、労働者災害補償保険法に基づき、政府がその労働者や遺族に対して給付を行うものです。

業務中(業務災害)や、通勤途中(通勤災害)の交通事故にも労災保険の適用があります。そして、労災保険が適用されるときは、健康保険の適用が出来ません。

労災の適用のメリットはなんといっても健康保険にはある被保険者の一部負担がないということです。つまり、一般的に健康保険では、治療費を3割負担しますが、労災保険にはそれがないということ、すなわち治療費がゼロとなる事です。

また、労災保険では被害者、加害者、過失割合によって支給額が変わることはありません。つまり過失相殺がなされないのです!

さらに、労災保険には、自賠責保険のような各種給付制度があります。

しかし、自賠責保険の元になったのがこの労災保険なので、労災保険と自賠責保険とではその内容が似通っています。労災をより手厚くしたのが自賠責なので、制度が充実している以上は自賠責の請求をするのが第一選択です。

申請は、労働基準監督署に行います。


各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-
Top