加害者は任意保険をかけていれば自腹は必要ない?

[記事公開日]2010/12/31
自動車事故戦略サポート

任意保険の限度額が無制限なのに、加害者が被害者に自腹でお金を払ったということを聞くときがあります。

任意保険は、被害者の請求する金額、加害者が認める金額を全て支払うわけではありません。きちんとした?査定に基づいて支払を行います。保険会社が負担をする場合は替金という概念で請求します。

すると、どうしても被害者が納得いかない場合が出てきます。すると、いつまで経っても示談が成立しません。そなると、遅延損害金や刑事罰の面で加害者に不利です。

遅延損害金は保険会社が負担するので問題ないですが、刑事罰を考えると少し影響が出てきます。それは裁判で「被告人=加害者」が自腹でいくら被害者に支払ったかで「反省が見られる」として刑が軽くなることがあるからです。

しかし、溝が埋まらない場合は、被害者による民事訴訟での請求となりますが、その際の判決での金額は保険会社が支払ってくれます。

加害者の置かれている状況、被害者との金額の差、裁判の場合ではいくらの判決が出るのか、また裁判による不利益は、、などを総合的に考慮して対応を決めます。


各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-
Top