「第三者行為傷病届」とは?

[記事公開日]2006/03/03
[最終更新日]
自動車事故戦略サポート

交通事故などの第三者が原因で負傷をした場合でも、健康保険は使えます。
よく、巷では使えないと聞きますが、ある意味当っているのです。

というのは、交通事故で健康保険を使った場合には、保険者(市区町村など)に「第三者行為傷病届」というものを提出しなければなりません。

これにより、保険者は医療機関に支払った医療費を加害者側に対して請求(求償)を行います。つまり、保険者は被保険者のために立て替えているということになります。

第三者行為傷病届によって保険者が求償をするのは、保険者が負担した部分の加害者の過失分です。加害者が任意保険会社に加入をしている場合には、任意保険会社が支払いを行います。

実際のところ、求償がなされない場合もあるようですが、法律で定められた手続きなので「第三者傷病届」は提出しなければなりません。


各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-
Top