Top
交通事故戦略サポート > 交通事故ニュース > 交通事故(一般) > 区立中教諭交通事故で戒告 口座売却で有罪 都立高教諭、懲戒免職

区立中教諭交通事故で戒告 口座売却で有罪 都立高教諭、懲戒免職

[記事公開日]2007/06/05
[最終更新日]

交通事故に対する戒告というより不正受給の戒告です。
売却目的で預金口座を開設して、売り渡していたとして、都教育委員会は4日、都立松原高校の教諭(50)を懲戒免職とした。また、許可されていない手段で2年半も通勤して、手当約13万円を不正受給した都立高の男性教諭(54)と、出勤途中に交通事故を起こした区立中学校の女性教諭(35)を戒告とした。処分はいずれも4日付。
(先生、お手本になりません)
 都教委によると、元教諭は平成18年10月、他人に売却する目的で、2銀行で本人名義の預金口座を開設して、1件2万円で売り渡した。口座は「振り込め詐欺」に悪用されていた。
 元教諭は今年3月、警視庁捜査2課に詐欺容疑で逮捕され、懲役2年6月、執行猶予3年の判決を受けている。

戦略
各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-