車バックして診療室に激突

[記事公開日]2008/08/05
自動車事故戦略サポート

岡山県で起きた交通事故のニュースです。
4日午前10時10分ごろ、倉敷市吉岡の渡辺耳鼻咽喉科(いんこうか)医院駐車場で、同市内の無職男性(78)運転の乗用車が後ろ向きに病院の石こうボードの壁を突き破り、診察室に乗り上げた。室内には男性院長(59)と受診中の同市内の無職男性(80)、女性看護師2人の計4人がおり、看護師2人と患者が医療器具で腰などを打って軽傷を負った。
車がバックで診療室に激突するって凄いですよね。診療室の人たちが軽傷で済んで本当に良かったですよね。
運転していた男性も首などを打ち軽傷。男性は医院に妻を送り、駐車場で待機するため車をバックさせていたといい、倉敷署はアクセルとブレーキを踏み間違えたとみて、自動車運転過失傷害容疑でも調べている。
死亡者が出なくて本当に良かったです。アクセルとブレーキを踏み間違えてしまうことは皆さんありますよね。今回本当に皆軽傷で済んで良かったです。
院長は「突然、『どーん』と爆発のような音が聞こえた」と話していた。
診療室の中にいた人たちは本当に驚きますよね。
(毎日新聞)

戦略
各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-
Top