対向車にぶつかり一人死亡

[記事公開日]2008/08/18
自動車事故戦略サポート

山口県で起きた交通事故のニュースです。
14日午前8時50分ごろ、下関市菊川町田部の国道491号で、長門市通、無職、石津幸代さん(56)運転の乗用車が対向の山陽小野田市鴨庄、会社員、木村夏紀さん(29)運転の乗用車に接触するなど計3台が絡む多重衝突事故があり、1人が死亡、8人が重軽傷を負った。
対向の自動車にぶつかるというのが凄いと思った。しかも、それで計3台が事故にあうなんて・・・。
長府署の調べでは、石津さんの車は木村さんの車の後ろを走行していた下関市長府松小田北町、会社員、村岡節雄さん(59)運転の軽乗用車に正面衝突した。亡くなったのは石津さんの車に同乗していた姉の同市羽山町、無職、上利千鶴子さん(78)で、村岡さんが鎖骨を折る重傷、木村さんの長女(12)や次女(6)ら7人が軽いけが。
事故で死亡者が出るのは本当に悲しいと思う。運転者がなくなるならまだしも、助手席に座ってた人が亡くなるとか本当にない。
現場は片側1車線の直線。石津さんは緩やかな坂を下っていたという。
ゆるやかな坂だったのに事故が起きるなんて本当に車を運転する際には気をつけなくてはいけないと思った。
(毎日新聞)

戦略
各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-
Top