季節外れの3月の雪

[記事公開日]2010/03/30
[最終更新日]
自動車事故戦略サポート

3月に都心でも雪が降りました・
上空に強い寒気が入り込んだ影響で、県内では29日、気温がぐっと下がり、東部を中心に降雪を観測した。御殿場市には大雪警報が発令され、午後5時現在で17センチの積雪を観測。雪のため同市内では自動車の追突事故が相次いで起きるなど交通が混乱した。静岡市内でも雪を観測し、1941年の観測開始以来、降雪が最も遅かった58年3月29日と日付が並んだ。
 御殿場市では29日夜まで雪が降り続いた。御殿場署によると、物損事故や追突事故が50件以上起き、少なくとも7人がけがをした。
首都高も一部規制が入ったようです。
 東名高速道路は同日午前11時38分、富士市の富士インターチェンジから神奈川県境まで50キロ規制をかけた。県警高速隊によると、この雪で追突事故が少なくとも5件発生したという。御殿場市と裾野市をつなぐ有料道路「箱根スカイライン」も通行止めとなった。
 一方、最高気温が12・0度と2月下旬並みの冷え込みとなった静岡市では同日午後3時ごろから約20分間、みぞれや氷の細かい粒が降る「雪あられ」を観測した。
雪見桜ですね。
<毎日>

戦略
各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-
Top