Top

交通事故隠そうとし殺人未遂

[記事公開日]2008/07/28
[最終更新日]

{交通事故を起こした人が殺人未遂まで行うという今までにない事故のニュースです。}

交通事故の発覚を恐れ、被害者の女性の首を絞めて殺そうとしたとして、千葉県警市原署は27日、殺人未遂の疑いで、同県市原市国分寺台中央の会社員の容疑者(32)を逮捕した。
{交通事故を起こして見つかるのを恐れて女性の首を絞めて殺そうとしたというとんでもない事件たと思った。事故を起こした上に殺人未遂まで起こすなんて本当に有り得ないと思った。}
調べによると、乗用車を運転していた尾崎容疑者は26日午後7時10分ごろ、市原市大桶の市道で、道路の左端を歩いていた同市の無職女性(37)と接触。弾みで道路脇の水田に落ちた女性に「大丈夫か」と声をかけたが、大声を出して騒がれたため首を絞めるなどして殺そうとした疑い。容疑を認めているという。
 
{助けに行って騒がれたから殺そうと思ったとか人としてどうかと思った。交通事故を隠そうとして殺人未遂を行うという行動に矛盾を感じた。}
女性はいったん気絶し、数分後に意識を取り戻したが首に軽傷を負った。事故によるけがはなかった。尾崎容疑者は犯行後、現場を立ち去らず、意識を取り戻した女性に自分の名前や連絡先が記された紙を手渡していた。

{交通事故を隠そうとしながら最後は自分が誰なのか明かして帰るという行動がまた意味不明だと思った。}
女性は26日午後9時過ぎ、車と接触したことを同署に届け出たことから、犯行が分かった。
女性は命に別状はなく犯人も捕まって良かったと思う。
(産経)

戦略
各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-