Top

交通事故死亡過去最小

[記事公開日]2008/05/29

(自転車の事故は増加していますが)
政府は27日、平成19年の交通事故による死者数が前年比608人減の5744人で、7年連続で減少したとする平成20年版「交通安全白書」を閣議決定した。交通事故死者が5000人台にとどまったのは昭和28年以来、54年ぶり。
(高齢者は横断歩道を渡らないです)
 昨年の交通事故死者数を年齢層別にみると、各年齢層とも前年より減少した。しかし、65歳以上の高齢者が2727人と全体の47・5%(前年44・2%)を占め、15年連続で最も多かった。
(飲酒運転が激減したみたいです)
 平成18年8月、福岡市の3幼児死亡事故の直後、警察庁が飲酒運転の取り締まり強化に乗り出したことから、19年の交通事故に占める飲酒運転の割合は、9年を100として、33・4(同47・8)と10年前の約3分の1に激減。その一方で、自転車が無秩序に歩道を通行するなど、ルールを守らないケースも目立ち、自転車と歩行者の事故が増加傾向にある。昨年の事故件数は2856件で、10年前の4・5倍。
(そうです。自転車が問題です)

戦略
各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-