Top
交通事故戦略サポート > 交通事故ニュース > 交通事故(一般) > 交通事故の賠償金めぐり暴力団組長と被害女性が和解 1千万円即日払い

交通事故の賠償金めぐり暴力団組長と被害女性が和解 1千万円即日払い

[記事公開日]2008/03/13

(暴力団が交通事故に絡むケースは多かったです)
交通事故の補償交渉を巡り暴力団側から1160万円の恐喝被害に遭った京都府の女性(32)が、上部団体の組長に1620万円の損害賠償を求めた訴訟で、組長が解決金1000万円を現金で支払い、女性と和解したことが分かった。暴力団相手の訴訟は勝訴しても回収困難なケースが多く、女性側は大阪高裁(大谷正治裁判長)で2月18日にあった和解当日の現金支払いを条件にしていた。
(非常に良くないです。暴力団は排除しましょう)
 1審の京都地裁判決(07年4月)によると、女性は01年に交通事故に遭い、知人の男(48)から補償交渉を手伝うと持ちかけられた。その後、山口組系暴力団4次団体(当時)の組事務所で「ただで済ますつもりか」などと脅され、保険金の一部1160万円を脅し取られた。
(組み上部の使用者責任は認定される傾向にあります)
 男は恐喝罪で懲役3年6月の実刑が確定。男や4次団体組長らを相手取った訴訟では1280万円の支払い命令が確定したが、実際には10万円しか履行されなかった。このため女性は上部の3次団体組長に賠償を求め、1審は使用者責任を認めて1265万円の支払いを命じていた。
(裁判での判決の履行は行われないのが、暴力団の体質です)
 弁護団は「1審判決より低額とはいえ、被害金の86%を実際に取り戻した意義は大きい」と評価している。

戦略
各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-