Top
交通事故戦略サポート > 交通事故ニュース > 交通事故(一般) > 中学3年生、県道ではねられて重体 乗用車、歩道に突っ込む/島根

中学3年生、県道ではねられて重体 乗用車、歩道に突っ込む/島根

[記事公開日]2007/12/07
[最終更新日]

(原則として自転車は歩道を走ることは出来ません)
6日午前8時20分ごろ、安来市黒井田町の県道で、自転車で歩道を走っていた同市新十神町、市立第一中3年、安井さん(15)が、後ろから来た同市黒井田町、派遣社員、小西容疑者(23)の乗用車にはねられた。安井さんは頭などを強く打ち、意識不明の重体。安来署は、小西容疑者を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕した。
(一命を取り留め後遺障害が残らないことを祈ります。)
 調べでは、小西容疑者の車が対向車線にはみ出し、歩道に突っ込んで来て、後ろから安井さんをはねた。この後、車は電話ボックスに衝突、さらに駐車禁止の標識を折ったうえ、下水道のマンホールポンプ制御盤と電柱も破損して、停止した。
 現場は見通しのよい緩やかな左カーブ。調べに対し、小西容疑者は出勤途中で「前をよく見ていなかった」と話し、居眠り運転をしていたらしい。安井さんは通学途中だった。事故当時、現場には他の通学生徒はいなかったという。
(毎日)
  この事故で、県道沿いに設置していた安来市公共下水道の十神マンホールポンプ制御盤が破損して動かなくなった。このため、新十神、東十神の約330世帯のうち、公共下水道に接続済みの約240世帯で一時、汚水を送ることができなくなった。
(バキューム作業代金は交通事故の損害となりますね。)
 安来市ではバキューム車2台で汚水をくみ上げ、近くのマンホールまでピストン輸送し、対応した。約6時間半後の午後2時50分ごろ、仮復旧した。

戦略
各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-