ハンドル操作誤り 1人死亡

[記事公開日]2008/08/18
自動車事故戦略サポート

熊本県で起きた交通事故のニュースです。
14日午前0時55分ごろ、熊本県小国町西里の町道で、熊本市西梶尾町の会社員、岡崎博行さん(29)運転の乗用車が電柱に衝突し、左の後部座席に乗っていた博行さんの長男充ちゃん(2)が頭などを強く打ち、間もなく死亡した。
自分の子供が自分のせいで亡くなってしまったのはとても辛いと思うけど、その罪を一生背負って生きていくべきだと思う。
小国署の調べでは、下り坂で見通しの悪い右カーブを進行中、ハンドル操作を誤り、中央線を越えて道路右側の杉の木に接触し、さらに約3メートル先の電柱に左後部ドア付近を衝突させたという。
ハンドルミスで事故を起こしてしまう人は凄く多いので気をつけて欲しいと思った。
充ちゃんは座席に固定されたチャイルドシートに座っていたが、シートベルトを着用していなかった。一家は小国町へ遊びに行き、帰宅途中だったという。
シートベルトをしないと大変なことになるんだなと思った。全て親の責任だと思うけど。
(毎日新聞)

戦略
各種お問い合わせ

この記事のご質問はこちらにお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
個人など特定情報以外、お名前も含めて承認後に公開されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

-
Top