wdcro HTML Template

従業員が起こした交通事故の責任は会社も負う~使用者責任~

交通事故で生じた損害は、それが業務の執行中の交通事故であれば、会社も本人と連帯して責任を負います。この場合、物損も人損も区別はしません。

ここでよく問題になるのは、業務の執行中であるか、否かです。例えば、会社の車で休日の遊びに出かけた際に交通事故を起こした場合に、会社には責任があるのか?通勤途中は?無断使用は?

こういった場合に一応の目安になるのは「業務性」と「客観性」の有無です。

業務性とは仕事中の交通事故、客観性とは外から見て仕事を行ってるように見えるときの交通事故という意味です。

逆にいえば、純粋なマイカーでの通勤は会社は責任を負いません。(仕事中でもなければ会社の車でもないため)しかし、会社名の入った車で通勤した場合は、客観的に業務中と見えるので会社は責任を負います。

そして、レジャー目的にせよ、無断使用にせよ、会社の事業用の車ならば、会社は責任を負う事になります。社内規定で禁止されていても関係ありません。

まとめると、事業用の車での交通事故、仕事中の交通事故は、本人同様に会社も責任を負わなければならないという事になります。

これが否定された例には、出張に自家用車を利用し出かけたときに交通事故を起こした場合、下記を理由に使用責任が否定されたものがあります。

自家用車であること
通勤に自家用車の利用禁止していること
出張に使用するには上司の許可が必要なこと
加害者は普段業務に関して自家用車を使用していなかったこと

根拠条文:民法715条


この記事に関連する無料質問はこちらへどうぞ。個人特定情報以外をこのページで公開により回答します。

↓回答の源↓

“従業員が起こした交通事故の責任は会社も負う~使用者責任~”への4件のコメント

  1. より:

    会社に責任がある前提として、会社に請求は可能ですが任意保険会社が対応することになるでしょう。

    • おとはち より:

      加害者である運転者本人(会社の車を使用中)が健康上に問題があった場合に起こした物損事故(被害者自宅に車で突っ込み、外構、一部建物を破損)の場合、使用者責任者である会社になんらかの訴えは可能なのでしょうか。よろしくお願い致します。

      • 戦略法務 より:

        加害者は業務中でしたでしょうか。会社の車は会社名などが入っているものでしょうか。
        業務中の場合は当然会社に請求できますが、そうでない場合は状況によって変わります。

  2. ひとりでに より:

    物損の会社責任ですが、業務中に10:0の物損事故を起こしてしまい、個人の任意保険で全て対応した場合、被害者の方が物損額に不満を持ち会社に請求、という事は可能なのでしょうか?
    不満というのは、修理の見積もりよりも保険金の方が少ない(古い車なので時価額が少ない)という点です。
    個人では責任を果たしていると考えていますが、ご教授願います。

Copyright© 2006-2013 戦略法務行政書士事務所. All Rights Reserved.autho