保険会社への苦情の仕方

[記事公開日]2009/01/01
[最終更新日]
自動車事故戦略サポート

交通事故の示談を担当する保険会社の担当者に不満を持った場合には、次の方法により対応しつつ改善の要求をします。いわゆる苦情というものです。

1.日本損害保険協会そんぽADR

そんがい保険相談室

そんぽADRセンターのナビダイヤルTEL0570-022808

2.各保険会社のお客様相談室

苦情とはあくまでも担当者の態度などについてで、賠償金についてではありません。賠償金はあくまでも「示談交渉」となり、苦情の対象にはなりえません。クレーマー扱いにされないよう注意してください。、

JA
0120-536-093
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
代表:0120-036-570
朝日火災海上保険株式会社
お客様相談センター:0120-115-603
共栄火災海上保険株式会社
お客様相談室:0120-719-250
ジェイアイ傷害火災保険株式会社
代表:03-3237-2111
スミセイ損害保険株式会社
お客様相談センター:03-5360-6775
セコム損害保険株式会社
お客様相談室:0120-333-962
セゾン自動車火災保険株式会社
お客様相談室:0120-281-389
ソニー損害保険株式会社
お客様相談室:0120-101-656
株式会社損害保険ジャパン日本興亜
お客さん相談室:0120-668-292
そんぽ24損害保険株式会社
コールセンタ:0120-999-111
大同火災海上保険株式会社
お客様相談センター:098-867-1063
東京海上日動火災保険株式会社
代表:03-3212-6211
トーア再保険株式会社
大代表:03-3253-3171
日新火災海上保険株式会社
代表:03-3292-8000
日本興亜損害保険株式会社
お客様相談室:03-3593-7730
日本地震再保険株式会社
管理部:03-3664-6074
日立キャピタル損害保険株式会社
お客様相談室:03-3664-6074

富士火災海上保険株式会社
お客様相談室:06-6266-7823
三井住友海上火災保険株式会社
お客様デスク:0120-632-277
三井ダイレクト損害保険株式会社
代表:03-5804-7711
明治安田損害保険株式会社
お客様相談室:03-3257-3120

相談室では保険会社の担当部署に連絡を取ってくれたり、必要な手続きを教えてくれたり比較的丁寧に対応してもらえます。苦情があったという大義名分から、上司からの「保険金を減らせ」というきつい指示が無くなり、担当者がやさしくなる事もあります。


各種お問い合わせ

この記事の質問はお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
特定情報以外、お名前も含めて公開によって回答されます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

48 コメント on “保険会社への苦情の仕方

  1. 社団法人日本損害保険協会(会長 隅 修三)では、2012年4月1日
    そんがいほけん相談室および自動車保険請求相談センターの業務を終了し、そんがいほけん相談室(本部)の受付電話番号(フリーダイヤル0120-107808、03-3255-1306)および自動車保険請求相談センターの電話番号は廃止いたします。

    ※そんぽADRセンターのナビダイヤル(0570-022808)は、2012年4月以降、お客様の発信地域に応じて最寄りのそんぽADRセンターにお電話をおつなぎします。
    (混雑状況により、他のそんぽADRセンターにつながる場合もあります。)

    ※2012年4月1日以降、以下の電話番号は利用できなくなります。
    (2013年3月末までは番号移転の案内を行います。)

  2. 駐車場内での事故。前の車が止りどこかに停めると思い停まって待っていたら右後ろしか見てなかったと思う。バックで突っ込んで来た。相手はすみません。こっちも当然停車していたし後ろからも車が来てたので逃げれず。まさか左側を見ないでバックして来るとも思ってなく間違いなく10対0だよねとお互い連絡先交換して警察の処理も終わり。相手の日新火災は8対2と言ってきて、こっちは等級上がると保険料凄い事になるし何せ停まっていて突っ込まれてるのになんで相手の修理代2割持たなきゃいかんの?9ー1でもう手を打ってこっちはすぐ工場に入れたのに向こうの車の査定がでなくて修理に取りかかる事もできません。工場の方も何で被害者が相手に合わせるのにこんなに待たされるとか日新火災おかしいって周りの保険屋とかも聞いた事ない所だけどあり得ないよねと言ってるし素人の自分でもこんなにかかる?と不思議。もう1割り持つのは納得いやいやしたんだからせめて早く進めて欲しい。

    1. 「向こうの車の査定がでなくて修理に取りかかる事もできません。」とありますが、相手の車の査定は関係なく自車の修理は可能です。

      見積もりで日新火災から修理内容に合意が得られたら自車の修理代金を日新火災に請求します。この流れに相手の査定は関係ございません。重要な部分は協定です。

  3. 現在係争中なのですが損保会社より来た回答書についてですがこれに記載をされている文章について警察や実況見分時の相手の言い分(加害者)と180度違う内容こちらが加害者だと断定するような文章が送られてきました。損保では10:0になっているのですが人身では、こちら側が加害者なので払えないと言ってきています。(調書は、弁護士も読んでおり首をかしげている)偽証になると思うのですが弁護士にだけ任せておいていいのでしょうか?何が行政機関とかに対して出来る事は無いのでしょうか?悔しいやら腹が立つやら許す事が出来ません。

    1. 「損保会社より来た回答書」と「実況見分の内容」を比べて考えると内容がまるで違う、という事だと思います。どちらが真実なのか、証拠等に基づいてその事実を判断するのが裁判です。実況見分=事実ではないので、損保会社が考えているのは、そこをこれから争っていくという姿勢だと思います。

      行政機関に対しては何もできないと思います。

  4. 日新火災海上保険「当社は、健全で透明性の高いコーポレートガバナンスを構築し、内部統制基本方針に基づき、持株会社として東京海上グループ各社を適切に統治する。」とあります。
     しかし、御社の事故担当者が、被疑者同士が当初【言っていない】事を、作為をもって偽証した事実を報告しても調査を怠り、不安を煽る行為を現場に推奨されているのかと憤懣やるかたない思いでおります。
    このまま「事なかれ主義」で、おられるなら、何らかの法的処置を相談するつもりでございます。
    調査依頼から、間もなくひと月になりますが回答がありません。

  5. 分割払いの最後の引き落としがなされてなくて契約解除になってしまいました。引き落としの件も認識がなく、普通郵便も見ておらず、新たに契約した損保会社に言われて気づいたのです。解除通告などは簡易書留などで契約者の手にちゃんと届くようにするものではないでしょうか?契約の取り下げはできないものでしょうか?相手は特定記録で出したから問題なく取り下げないと言われました。

    1. 契約内容で引き落としがされない場合の取り扱いについて記載がされていると思います。そこに書かれている通りになりますので,ご確認ください。

  6. 医療機関に勤める者です
    先日患者様から自賠責と言われ連絡しましたが、担当者の態度がありえない抵当でとても不愉快になりました。こんな人がいる保険会社と契約したくないと思っていましが、実際自分が入ってる会社だとわかりました。近日中に解除し他の会社にしようと思います。医療機関をなんだと思ってるのか、慣れすぎて傲慢な態度をとってるのかわかりませんが、本当に嫌な思いをしました。関西です。一体どんな教育をしてるのか、不思議でしかたざありません。

  7. 東京海上日動に加入しております。信号機のない交差点で、手前で左右の確認を行い、直進しました。運転席側の道路(一時停止あり)から車が運手席側に後部座席に追突いたしました。加害者側は、損保ジャパンに加入しております。事故発生時に加害者は、「前を見ていませんでした」と謝ってきました。保険会社同士の話で当初60:40からスタートしたらしいです。当方から事故当時の状況を話し交渉した結果、90:0になりました。この割合について、加入している保険会社に自分の過失は何か具体的に教えて欲しいと、連絡しました。しかし、提示されたのは、過去の判例の資料などでしたので、再度、自分の過失について、質問しました。しかし、回答はできないとのこと。では、回答ができない旨を文書にて提示して欲しいと依頼しましたが、できないとのことです。保険会社から、回答を引き出す方法はあるのでしょうか。よろしくご教授お願いします。

    1. 道路状況がほぼ同じで相手に一時停止がある場合では一時停止側の基本過失割合は60~90になります。そうなると、今回の過失割合は妥当ではないかとも捉えられますが、90:0というのを素直にとらえれば、こちらの過失は0という事になります。したがって自らの過失について文書による回答を求めても、過失は0つまり無い事になっているので、その解答を得るのは難しいのではないでしょうか。

戦略テクニックの一覧(更新順)

Top